政府は、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを2ヶ月程度延長し、新たに10代から30代を対象にした優先枠を設けることを検討していることがわかった。

政府関係者によると、東京と大阪に設置している大規模接種センターについて9月25日までの期限をさらに2ヶ月程度延長することで最終調整を進めている。

その上で、キャンセルなどで予約枠に空きが出た場合、接種が進んでいない10代から30代を対象に優先枠を設けることを検討している。