まだまだ暑い日々が続き、朝夕とシャワーを浴びる人も多いかもしれない。そんな中、風呂上がりに髪を乾かすのがちょっと面倒だという人にぴったりなドライヤーが登場した。

それが株式会社QUADS(クワッズ)が8月26日から先行予約販売を開始したハンズフリー式スタンドヘアドライヤー「BISARA(ビサラ)」だ。

提供:QUADS
この記事の画像(20枚)

ハンズフリーのスタンド式なので、スマホ操作やスキンケアをしながら同時に髪を乾かすことができる。今まで髪を乾かすためだけに使っていた時間を、他のことに充てることができるのだ。

温風・送風を自動切り替えする美髪モードがあり、また、全ての送風にマイナスイオンが含まれている。送風と同時に発生するマイナスイオンの効果で、髪へのダメージを軽減させ、髪を優しく保護するという。

さらに、ドライヤー本体には2箇所の吹き出し口があり、頭部から毛先までムラなく髪を乾かす事ができる。

提供:QUADS

高さは81.5センチ~132.5センチ(ドライヤー垂直時)で調節ができ、角度は上下約180度(無段階)まで調節が可能。

提供:QUADS

このほか、3段階の風量切り替え、5段階の温度調節機能があり、離れた場所からでもリモコンで全ての操作が可能。カラー展開はミルキーホワイト・ローズピンクの2色、ヘアドライヤーとは思えない洗練されたデザインも特徴的だ。

提供:QUADS

先行予約はクラウドファンディングサイト「Makuake」で実施。一般販売予定価格は29700円だが、11月23日までの先行予約では数量限定の割引価格となっている。

スマホ操作などをしながら使えるドライヤーは話題となり、「Makuake」ではすでに目標金額の30万円を大きく上回る980万円以上の支援が集まっている。(8月31日時点)

ハンズフリーで手軽なのは嬉しいが、乾かすのに掛かる時間はどうなのか気になる。 株式会社QUADS担当者に話を聞いた。

髪を乾燥することだけに時間をかけるのは大変非効率でもったいない

ーー「BISARA」を開発したきっかけを教えて

きっかけは髪の長い女性社員との雑談の中で、毎日のドライヤー(髪を乾燥させること)にかける時間がとても長く(25分~30分かかる)大変だという話からでした。

現代の日々忙しいライフスタイルの中において、髪を乾燥することだけに時間をかけるのは大変非効率でもったいないと感じ、その無駄な時間をなんとか解消させ有効活用できないかという思いから商品開発を着手しました。


ーー「ドライヤーを持つのが大変だ」との声が多くあった?

とても多いです。女性の成人の方にアンケートをとったところ、乾燥時間が長い、腕が痛くなるという回答が一番多かったです。また、ご高齢の方、怪我や病気などで重たいものが持てない方は、身内の方に頼んで髪を乾かしてもらうという話も聞きました。

自分でドライヤーをもって乾燥することができないお子様の髪を乾かせながら、自分の髪も乾燥させないといけないのがとても大変だという意見もありました。

現在は、軽量のヘアドライヤー等も販売されていますが、ハンズフリーで全く手を使わなくていいBISARAは、そういったお悩みを持っている方にとって、究極のドライヤーといえるのではないかと感じています。

提供:QUADS

ーーハンズフリーのメリットはどこ?

「ながら作業」が可能になることです。ドライヤーをしながら、スマホを使ったり、スキンケアしたり、読書や歯磨きなど…etc。様々な「ながら作業」が可能になります。

全てがオリジナルで開発を進めていますので、今までに見たことがない、他にはない製品になっていると思います。


ーーどのような人におすすめ?

従来のドライヤーの乾燥について不満に思われている全ての方に使用してほしいです。BISARAを使うことでドライヤー習慣のカタチを変えれたら嬉しいです。

提供:QUADS

ーー乾かす時間は?

髪の長さや使用環境によって異なります。風量を3段階、温風は5段階でお好みのモードで使用でき、時間が無い方や早く乾燥させたい方には、大風量、高温で乾燥が可能です。

またツインエアーシステムを搭載しており2つの吹き出し口から頭頂部から毛先まで広範囲に風をあてることで乾燥時間の短縮を実現しました。

提供:QUADS

「ドライヤーの常識を変える」予感

ーー開発でこだわった部分はどこ?

デザインには特にこだわりをもっています。スタンド式ドライヤーはリビングなどに常に出しっぱなしで置いておくことを想定していますので、製品を出しっぱなしにしてもお部屋のインテリアのデザインを邪魔しない、むしろBISARAを部屋に置くことでインテリアのアクセントになるように何度もデザイナーと試行錯誤を重ね、今のBISARAのデザインを完成させました。

提供:QUADS

ーー大変だったことは?

幅広いお客様に長く愛される製品をつくりあげるために、実際に製品を使われたお客様に満足していただけるため、製品の使用感を大事にして開発しました。そのため、風の強さ、風のあたる角度、機能、デザインなど全てにおいてこだわり、開発しました。


ーー完成した時、社内の反応はどうだった?

商品のサンプルが出来上がり動かした際に、社員皆で感動したと同時に、この商品は今までのドライヤーの常識を変えるという予感を感じました。現在予約販売しているMakuakeでも「こんな商品をさがしてました」「商品到着が待ち遠しいです」などお客様からも大変温かいコメントを続々と頂いています。

提供:QUADS

ーー「美髪」モードについて教えて

美髪モードは温風・送風を交互で自動運転することで、髪に与えるダメージを抑え、髪をやさしく保護し、乾かすことができます。

髪の成分であるタンパク質は熱に対して非常に弱いです。潤いを持って柔らかさを保っていた髪は、熱をかけることで変性し、固まってしまいます。美髪モードを使用することで、髪のタンパク質を守り、艶やかでまとまりのある美髪に仕上げます。

左:美髪モード未使用 右:美髪モード使用(提供:QUADS)

ーー今後、種類が増えるなどの予定はある?

現時点では予定はしておりませんがこのハンズフリードライヤーは今後ドライヤーの市場において定番化していく商品だと思っています。今後は実際に使用されたお客様からのご意見を頂き、順次製品のリニューアルを行っていきたいと思います。


ーー使用時の注意点は?

製品は十分に安定がとれるように設計していますが、製品にぶつかって転倒させてしまうとけがや故障の原因になるのでその点は十分に注意喚起を行っていきます。

提供:QUADS

「BISARA」は「Makuake」での先行予約後は、12月初旬に一般販売を予定。担当者は「順次家電量販店での店頭販売も予定していますので、実際に店頭で商品をみてご購入いただくこともできるようになります」と話している。

乾かす時間が掛かる髪の長い女性には、特に嬉しいドライヤーとなりそうだ。

【関連記事】
12本の“触手”が生えた斬新なドライヤーが登場…髪にどんな効果があるのかアデランスに聞いた
「頭皮マッサージは薄毛に効く」は正しかった! 効果的なツボあります【秋は抜け毛の季節】