煙にはまって“脱サラ” 店主の「燻製愛」溢れるお店

愛知県幸田町に、様々な燻製を販売している店がある。この店の一番人気は、うずらの卵の燻製だ。

この記事の画像(8枚)

愛知県の南部に位置し、周りを山に挟まれた自然豊かな幸田町。JR三ヶ根駅から徒歩15分ほどの所に、燻製と総菜の店「燻Kemuru(くん・けむる)」はある。

燻製にしていたのは、芋けんぴ。燻製する時間は最低でも6時間かかる。

手間をかけた「燻製芋けんぴ」(一袋270円)は、燻製材に紅茶葉をブレンドし、紅茶の香ばしさをプラスした。

チーズやベーコンのイメージが強い燻製だが、店主は「無塩ミックスナッツ」「アーモンド」「カシューナッツ」「芋けんぴ」「有塩ミックスナッツ」などのお菓子をはじめ、様々な食材を燻製にしている。

一番人気は「燻製うずら卵」(12個入300円)。

店主が燻製にハマった理由は子供たちだった。ボーイスカウトで隊長をやっていた時、「燻製をやってみたいと」言われ、教えるために何度も挑戦しているうちに魅了されたという。

その後、ますます燻製に夢中になった店主は、2年前に脱サラして妻とこの店を開いた。

今では豚をブロックで購入し、10日間かけて作った燻製ベーコンを使った「BLTサンド」(650円)も販売している。

様々な食材を手間暇かけてスモーク…。旨味がギュっと詰まったお店だ。

(東海テレビ)

記事 2134 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。