若い世代に“脱毛”の後遺症も…「デルタ株の感染力×コロナへの意識低下」で爆発的増加か 専門家が分析
感染拡大… 新型コロナウイルス

若い世代に“脱毛”の後遺症も…「デルタ株の感染力×コロナへの意識低下」で爆発的増加か 専門家が分析

東海テレビ
東海テレビ
地域

若い世代への感染拡大…感染力の強いデルタ株への置き換わり

20代、30代といった若い世代への新型コロナウイルスの感染拡大について、愛知県がんセンター病院の伊東直哉医師は、まだワクチン接種が若い世代まで行き届いていないことや、感染力の強い「デルタ株」が関係していることが一因ではないかとしている。

この記事の画像(6枚)

8月8日までの1週間、愛知県で新型コロナ感染者に変異株の検査を実施したデータでは、年代別で20代・30代があわせて43.4%と割合が多くなっていて、デルタ株への置き換わりが進んでいると考えられる。

そのデルタ株の感染力について伊東医師によると、体内でのウイルス量が従来型より1000倍以上多くなり、周囲にまき散らすウイルス量が増えるのではないかと言われているとのこと。

アメリカCDC=疾病対策センターの報告書では、デルタ株に感染すると感染者1人から平均で5人〜9人に感染するとしている。

伊東医師は、ワクチン接種の進み具合にこうしたデルタ株の感染力の強さ、そこに若い層を中心としたコロナへの意識低下が、現在の爆発的増加の理由ではないかとしている。

さらにデルタ株の影響で、若い世代でも重症化する人が増えているほか、軽症の人でも、脱毛、味覚や嗅覚の障害、疲労感、呼吸困難といった後遺症に悩まされている人もいるという。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×