参拝客減り580年の歴史上初の試み…夏の豊川稲荷で「YORU MO-DE」 プロジェクションマッピングあり前売り完売
ニッポン全国 注目スポット

参拝客減り580年の歴史上初の試み…夏の豊川稲荷で「YORU MO-DE」 プロジェクションマッピングあり前売り完売

東海テレビ
東海テレビ
話題

「商売繁盛」の豊川稲荷…コロナ時代の新しい参拝スタイル

この記事の画像(10枚)

愛知・豊川市の「豊川稲荷」では、7月22日夜から境内でプロジェクションマッピングが始まった。コロナ禍の中の世相を反映したイベントだ。

日が暮れて、境内で始まったプロジェクションマッピング。映像が投影されているのは、鳥居の横に設置された提灯のスクリーン。

参道の奥には、色鮮やかに照らし出される本殿が見える。

商売繁盛のご利益で知られる日本三大稲荷のひとつ、愛知県の「豊川稲荷」で始まった現代アートとのコラボレーション。

豊川稲荷の林さん:
縁日参りプロジェクト「YORU MO-DE」と言います。夜間参拝のプロジェクトです

その名も「YORU MO-DE」。

参拝といえば午前中のイメージ。豊川稲荷でもいつもの開門時間は午前5時から午後6時までで、夜の参拝は大みそかとお正月ぐらい。

夏の夜に門を開いて参拝客を受け入れるのは、580年の歴史の中でも初めてのこと。

林さん:
コロナの感染者数が増えてしまって、それからはとても静かなお正月になってしまいましたね

今、まさに世はコロナ禍の中。豊川稲荷では参拝客が激減し、参道沿いの商店街でも商売繁盛のご利益は薄れ、苦しい商いが続いている。

そこで、参拝客を増やそうと思いついたのが「YORU MO-DE」。

コロナ禍で生まれた新しいスタイルには、こんな演出も…

リポート:
今ではおなじみとなったアルコール消毒にも、仕掛けがあります。やってみますと、豊川市名産のバラのプロジェクションですね。そして今、アルコールが出ました

さらに、参拝客が手にする提灯にも粋な心配り。足元を照らす明かりが、地元・豊川市名産のバラやキツネの絵柄になっていた。

地面に映る絵柄を踏まないようにすれば、提灯を持つ人と人との間隔があき、ソーシャルディスタンスを確保できる。
しかも…

リポート:
こちらの提灯は、境内のライトアップに合わせて色が変わる仕掛けになっています

2人組の女性:
この提灯がいいですね
映えとかにもなるし

女の子A:
夜に行くことで、プロジェクションマッピングが加わって面白かったです

女の子B:
伝統を残しながら、新しいことに挑戦する姿勢がすごく素敵だなって思いました

感染防止の観点から、一晩の定員は2000人限定。初日は前売りの段階で完売したとのこと。
豊川稲荷の光鮮やかな夜詣では7月31日まで。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

ニッポン全国 注目スポットの他の記事

ツートライブ広島魂(20) ラーメンのような“極細麺”とWチーズが…

ツートライブ広島魂(20) ラーメンのような“極細麺”とWチーズが…

地域
味噌に音楽を聞かせ100日、色は濃くまろやかに 音響機器のプロ…

味噌に音楽を聞かせ100日、色は濃くまろやかに 音響機器のプロ…

地域
「かつてのにぎわいを」女性支配人の決意 祖父と父が愛したスキ…

「かつてのにぎわいを」女性支配人の決意 祖父と父が愛したスキ…

地域
リンゴたっぷり「激甘カレー」に10種類のグラノーラ…地元の素材…

リンゴたっぷり「激甘カレー」に10種類のグラノーラ…地元の素材…

地域
肉厚の貝柱と甘みが魅力「泳ぐホタテ」 人気のふるさと納税返礼…

肉厚の貝柱と甘みが魅力「泳ぐホタテ」 人気のふるさと納税返礼…

地域
阪神淡路大震災の深い傷 街の再生目指すユニーク社長の挑戦 カ…

阪神淡路大震災の深い傷 街の再生目指すユニーク社長の挑戦 カ…

ビジネス
一覧ページへ
×