不織布マスクの新製品発表会が行われ、CMに出演する要潤(40)さんと、ゲストで川栄李奈(26)さんが出席。川栄さんは、黒に金色のドット柄があしらわれた個性的なワンピースで登場した。

国産 不織布マスク「纏(まとい)」新製品発表会 東京・赤坂
この記事の画像(10枚)

「マスクあるある」エピソード

トークセッションでは、新製品のマスクにちなみ「マスクエピソード」を質問。

マスクを着用した川栄李奈さん、要潤さん

要潤:
この間、NHKのリハーサル室で川栄さんに会ったんですけど、(マスクで)一瞬、本当に全くわからなかった

川栄李奈:
そうですよね(笑)

川栄李奈だと全くわからなかった

「顔がわからない」マスクあるある。

川栄さんは、リモートでのエピソードも交えて披露。

川栄李奈:
この間も、リモートの打ち合わせで、マネジャーさんが歳が近くて女性なんですけど、2人でマスクしてパソコンの前に立っていたら、「川栄さんどっちですか?」みたいな感じになっちゃって…(笑)

コロナ禍に役者の世界に生じた変化

マスクが欠かせない今、役者の世界で「ある変化」を感じたという要さん。

要潤:
先人の役者さんには、「眉毛で芝居するな」って、結構教わったんですよね。まゆ毛をこう動かして表情を作るなと、「目にカを込めろ」みたいな

眉毛を動かして表情を作る要潤

要潤:
まさにちょっと、その時代が変わりつつあります。やっぱりいかにこう、ここ(目元)だけで芝居するかっていうことを求められたりするので、「お芝居のやり方をもう一回考え直さないといけないな」っていう時代になっていますね

ちなみに、「こんなマスクがあったらいいと思うものは?」という質問には、要さんは「飲食が苦労するので、口を開けたらマスクもパカッと開く、口と連動型があるといい」。

口と連動するマスク…

川栄さんは「芝居の本番までマスクをすることが多く、本番まで相手の表情がわからないので、透けていて、痕がつかないようなマスクがあったらいいな」と語っていた。

表情がわかるマスク

動画で見る

(めざましテレビ 7月16日放送分より)