緊急事態宣言で子どもの暮らしにも影…「練習しづらい」ピアノ教室はオンライン・少年野球は大会中止に【北海道発】
FNNピックアップ

緊急事態宣言で子どもの暮らしにも影…「練習しづらい」ピアノ教室はオンライン・少年野球は大会中止に【北海道発】

北海道文化放送
北海道文化放送
国内

緊急事態宣言の延長は、子どもたちの暮らしにも影響を及ぼしている。

感染拡大を防ぐため習い事や課外活動が集団でできない今、子どもたちはどのように過ごしているのか。

ピアノのオンラインレッスン 好評の一方で不安も

北海道札幌市豊平区の小学5年生、小池来実さん。週に一度ピアノ教室に通っていたが、5月の大型連休明け以降は、オンラインでのレッスンが行われている。

この記事の画像(12枚)

鈴木朋子音楽教室・鈴木朋子先生:
周りに濃厚接触者の子どもたちが増えてきたため、教室でも対策を考えなければと思って始めました

感染リスクが下げられ、濃厚接触者になってもレッスンを休まなくていいと好評だ。

来実さんの母親・小池麻理子さん:
このご時世に、習い事をリモートでできるのはいいと思います

その反面、心配なことも。来実さんは6月20日に全国規模の大会の予選を控えていて、本来であれば猛特訓の時期だった。

小学5年生・小池来実さん:
対面で手の動かし方を教えてもらっていたときとは違って、やりづらくて練習がしにくいという感じです

鈴木朋子音楽教室・鈴木朋子先生:
伸びている音に対してどれくらい気持ちが入っているかまでは、正直、予想でしかレッスンができない。その点、対面で(演奏を)聴いて指導したいなと

不安を抱えながらもオンラインで続けられる習い事がある一方で、休止せざるを得ない課外活動もある。

少年野球は活動禁止 大会中止に6年生は…

緑ヶ丘パワーズ・井田剛監督:
(少年野球の大会が)「なくなりました」って伝えるのが辛かったです。どうやって伝えようかなと

小学6年生・吉田尚央くん:
緊急事態宣言中だから、練習はできないです

小学6年生の吉田尚央くんは、札幌市南区の少年軟式野球チーム「緑ヶ丘パワーズ」に所属している。

緊急事態宣言の延長を受け、札幌市軟式野球連盟からチーム活動の禁止が通知され、5月12日から全体での練習ができなくなった。6月12日に予定されていた全道大会も中止に。

緑ヶ丘パワーズ・井田剛監督:
もしチームで活動しているのが発覚したら、ペナルティーがあります

通常は週4回、チームでの練習をしているが、それができなくなった今、尚央くんは自宅前での1日200回の素振りを自分に義務付けている。

チームの活動再開は緊急事態宣言が解除されてから。

小学6年生・吉田尚央くん:
最後の学年だから、みんなで優勝したかった。みんなでハイタッチや応援ができないから、コロナ禍が収まったらみんなで応援がしたいです

感染拡大に歯止めがかかり、再びみんなで集まれる日を目標に我慢の日々が続く。

(北海道文化放送)

北海道のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

「娘の生きた証を…」

「娘の生きた証を…」"最期の姿”記した報告書 津波到達までの3…

地域
「高齢で人口透析できなくなったら命がない」唯一の治療法・臓器…

「高齢で人口透析できなくなったら命がない」唯一の治療法・臓器…

地域
初の試み ニュース番組に手話をつけて放送…「本当に伝えたい言…

初の試み ニュース番組に手話をつけて放送…「本当に伝えたい言…

話題
特定外来生物「セアカゴケグモ」の目撃相次ぐ 愛知では統計を止…

特定外来生物「セアカゴケグモ」の目撃相次ぐ 愛知では統計を止…

国内
県教育委が責任認めるも「死んで1カ月後には出来てたこと」父親…

県教育委が責任認めるも「死んで1カ月後には出来てたこと」父親…

地域
「監督の叱責なければ自死はなかった」ようやく責任認め、遺族に…

「監督の叱責なければ自死はなかった」ようやく責任認め、遺族に…

地域
一覧ページへ
×