ドラマの世界観にどっぷり…まさかの「なりきり写真スポット」も人気

この記事の画像(9枚)

2020年の春、日本でもブームとなった韓国ドラマ「愛の不時」のイベントが、6月4日から名古屋で始まった。

「愛の不時着」は、韓国財閥令嬢のユン・セリがパラグライダーの事故で北朝鮮に不時着し、そこで出会った北朝鮮将校のリ・ジョンヒョクと出会い、彼女を韓国に極秘に帰国させようとするうちに恋に落ちる物語。

NETFLIXで配信され、純愛ストーリーは日本でもブームになった。

会場にはドラマで使われたパラグライダーや、自転車や調理器具などが展示されている。

また450点以上の写真やメイキング映像も見ることができ、6つのエリアで「愛の不時着」の世界を楽しめる。

リポート:
真ん中に太い黄色い線が入っています。これは南と北の軍事境界線ですね

南北の軍事境界線を越えてセリを韓国に返すシーンは、ドラマ中盤の名場面のひとつ。近くて遠い距離感が伝わってくるようだ。

こちらは写真撮影ができるエリアで、「なりきり写真スポット」として人気を集めていた。

そして、ジョンヒョクの衣装12着のほか、離れ離れになった2人が愛を伝えあった本も隣り合わせに並べられていた。
心をくすぐる仕掛けがたくさんの会場に、訪れた人は…

来場客A:
愛の不時着の世界に入れてとても幸せでした

来場客B:
北朝鮮がちょっと分かるところも良かったと思います

来場客C:
この歳になってキュンキュンさせていただきました

来場客D:
現場を見て、また(ドラマを)もう一回見ようかなという気持ちにはなりますね

会場では、コロナの感染防止のため消毒や検温のほか、広く距離を保てるように対策がされている。

「愛の不時着展」は7月4日まで(於:ナディアパーク地下1階特設会場)。
新型コロナ感染防止対策で「土日」と「平日の午前」は事前予約が必要。定員に空きがあれば当日券もあり。確認はイベントの公式HPで。