常連でにぎわう市場が営業終了…「45年ぐらい来とる」と話す客も

100年以上の歴史を誇る「下之一色魚市場」は、名古屋市中川区の新川と庄内川に挟まれた三角地帯にある。場内には16店舗が軒を連ね、朝早くから地元で獲れた新鮮な魚介類がズラリと並ぶ。

しかし川の堤防改修で建物を取り壊すため、3月13日に営業を終了した。活気溢れる「下之一色魚市場」の最終日には、笑顔で客を見送る、昔から変わらない光景があった。

この記事の画像(19枚)

大正時代から100年以上続く「下之一色魚市場」。

女性客:
おいしいですよ。子供の頃から好きだったので

男性客:
言ったようにさばいてくれて…。人情味があるんで、ここは

営業最終日の午前4時。店はいつもと変わらず、開店準備に追われた。

鮮魚店で働く70代の女性:
これは天然ブリ。8.1キロある。今日が最後だなーと思ってね。張り切っとるよ

同・60代の女性:
平常心。まだ、そんなところまで辿りついてないね、やることがいっぱい

最終日とあって多くの注文が入り、大忙しだ。開店すると飲食店などのプロだけでなく、地元の人が訪れる。

常連客:
45年ぐらい来とるわ。まあ寂しいね、しょうがないわ

地元の主婦:
嫁いできて47年になるけど、正月には歩けないくらいの人だったの

この主婦の夫は亡くなったが、毎日この市場に来ていたという。最終日に孫と一緒にやってきた女性は「本当に残念。これから食べるお魚どうしよう」と閉鎖を惜しんでいた。

市場から店の名前をつけた居酒屋の店主「名に恥じぬよう魂継ぐ」

午前6時すぎ。あいにくの雨も場内は賑わい、ピークを迎えた。

30年来の常連客:
今週毎日来とるんだけど。だってもう明日はこの風景見られんからね

この男性は、思い出に店から電球をもらっていた。レトロな照明を自分の部屋に…思い出を残す。

仕入れに来た居酒屋を営む男性:
俺はここで育った。ここだけしかない商品、ここだけの独特の雰囲気だったり。悲しいね

男性の家族は市場で鮮魚店を経営している。普段は仕入れを終えれば自分の店に戻るが、この日は手伝いだ。この市場から店名を取った居酒屋「下の一色」を営む男性は「その名に恥じないよう、魂や志を継いでいきたい」と話す。

最盛期には100軒が16軒に…100年の歴史誇る市場に幕

大正元年に誕生した「下之一色魚市場」。当時は漁業が盛んで、最盛期には約100軒が並ぶ海産物の取引拠点だった。

しかし、昭和34年の伊勢湾台風で港は壊滅的な状態に。漁業を断念し、別の市場から海産物を仕入れることで朝市を続けてきた。次第に店は減り、今では16軒に…。

市場で働く人たちのほとんどは70歳以上となり、今回 新川の堤防改修による立ち退きを承諾し、閉店の道を選んだ。16店舗の半分は別の場所で営業を続けるが、残りの半分は廃業する。

メニューはほんのり甘い「玉子巻」のみ…愛され続けた店も市場と共に閉店へ

最後の日、一際賑わう店があった。50年ほど前から続く「茶乃善」だ。

茶乃善の2代目祖父江良輝さん:
すごい人。びっくり。普段の土曜日の3倍以上は売れていると思う

メニューは「玉子巻」(400円)一品のみ。ダシの旨味にほんのりとした甘みが人気で、焼きたてを提供している。もともと下之一色の町には仕出しの店や寿司の店がたくさんあり、玉子巻は売れた。

そんな絶品の玉子巻はいつしか店だけでなく、家庭の味にもなった。この日「近所の人と親戚に配る」と20本購入した女性客もいた。2代目の祖父江良輝さんは父親の後を継ぎ、母親の多寿子さんと店を切り盛りしてきた。

母親の多寿子さん:
前は私がやっとったけどね、体壊して。この人はね、この市場の中でも評判の親孝行です

良輝さんは平日は朝市場で働き、その後 勤務先へ出勤する毎日を過ごしてきた。市場の閉鎖後は、文房具会社の本業に専念。店は惜しまれつつも市場と共に閉店する。

2代目の良輝さんは「これまでしっかり売らせていただきました」とお客さんに感謝の気持ちを伝えた。

時代は変わっても変わらぬ人情のあった市場…最後は笑顔でお別れ

この店では、客に「殻ごと焼いた方がうまいよ」とアワビの焼き方をアドバイス

店を訪れた男性:
おじさんとかおばちゃんとかが、丁寧に「こうやって食べるとうまいよ」とか教えてくれるんで

飲食店の料理長の男性は店で提供する、アワビ、車エビ、アカウオ、アカガイを購入したが、「この市場の海産物は他とは全然違う」と話す。

飲食店の料理長:
何よりも人情味があるんで、あったかいとこだったんで。続けて欲しいっていうのは本音です

午前8時半、最後の一日が終わった。

下之一色魚市場ができて109年…。
大正から令和へと時代は変わっても、ここには変わらぬ人情があった。最後も笑顔でお別れ…
市場にはいつもと変わらない光景が広がっていた。

(東海テレビ)