「神事」と「イベント」の違い…今後も柔軟に対応を

この記事の画像(5枚)

愛知・半田市で行われた聖火リレーを巡って、江戸時代から続く伝統の祭り「ちんとろ祭」で使われる「ちんとろ舟」に乗って通るコースを「男性限定」で予定されていたことが、「オリンピックの精神に反するのではないか」との声があがり、波紋が広がった。

その後、女性も乗れるように方針が変更され無事に終わったが、実際に乗ったのはどんな人だったのか、またその後は…。調べてみると、意外なことも分かった。

実際にちんとろ舟に乗船した女性と女の子。

乗船したのは、祭の時に舟上で舞を奉納する男の子の母親と妹、それにお囃子を担当する男性の娘と、最初から乗船を予定していた関係者の家族だった。

それにしても、なぜオリンピックの聖火リレーを男性限定にしようとしたのか。

半田市スポーツ課の加藤課長:
「神事」におきましては男性限定だと、乗車に付きましてそういう風に伺っておりましたので、県の実行委員会とも協議をさせて頂きまして、半田市の祭りの特色を是非ということで

神事で舟に乗るのは男性に限られるため、それに倣ったと言う。ところが、ちんとろ祭委員会の榊原会長に聞くと意外な答えが…

榊原会長:
神事では、ちんとろ舟に女性を乗せることはなかったが、イベントではミス半田など女性を乗せることはあった

毎年4月にあるちんとろ祭りでも、「舞を奉納する神事」以外のイベントなどでは女性が乗船することがあったと言う。半田市役所はそれを認識していなかった。

半田市スポーツ課の加藤課長:
組織委員会の(森)会長の辞任もありまして、そのタイミングで我々がもう少し配慮するべきであったかなと。どんなことをやるにしても細心の注意をはらって行わないと、取り返しのつかないことになりかねないのかなと感じております

ちんとろ祭委員会の榊原会長も「祭りの担い手が年々減っている中、女性の協力が必要」と、今後の祭りに対して前向きだ。

(東海テレビ)