中国政府は新型コロナウイルスの感染が世界で最初に拡大した武漢市がある湖北省のイベントを開き、回復ぶりをアピールした。

イベントは、武漢市の都市封鎖解除から1年が経ったことを受け、中国外務省で行われた。

招待した各国の外交官たちを前に王毅国務委員兼外相は、「世界は不確定性に満ちているが中国の未来は確定している」と述べ、中国経済の成長により世界経済に弾みをつけるとの考えを強調した。

会場には、湖北省や武漢市の取り組みを紹介するブースも設置され、感染の抑え込みと回復ぶりをアピールした。

4月12日中国外務省にて
この記事の画像(2枚)