「あったらいいな」を形にしたグッズの数々。
新学期や新生活を前に、買って便利、ちょっと自慢もできる最新文房具をリサーチした。

100円ショップで“この時期”特に売れる「ミニ本棚」

まずは、文房具コーナーなのに焼き餃子?
見た目はそっくりだが、実は遊び心いっぱいのメモ帳。

焼き餃子みたいなメモ帳
この記事の画像(13枚)

こちらは三角形のアイテム。何の文房具かというと…実はスティックのり!
三角形なので、隅々まで塗ることができる便利な商品。

隅々まで塗ることができる三角のり

訪れたのは、100円ショップ大手のダイソー。
50種類以上の文房具が、リーズナブルな価格で手に入る。

大創産業・佐々木拓未店長:
こちらが、オススメ商品のお助け本棚です

上下に収納できるお助け本棚

新生活のこの時期、特に売れているという組み立て式のミニ本棚。「前後に並べると、奥の本が取り出しづらい…」そうした悩みを上下に収納することで解決してくれる。2年ほど前に発売され、博多バスターミナル店では3月だけで120個以上が売れた。

上下に収納できる組み立て式のミニ本棚

大創産業・佐々木拓未店長:
どんどん学年が上がるにつれて、ノートとか教科書が増えると思うんですけど、しっかり整理整頓できる商品となっております

続いて、子供たちに人気というのが、こちらのペン。

ライトを当てると書いた文字がくっきり浮かび上がるマジックライトペン

明るい場所では何を書いたのか見えないが…
キャップの先端のUVライトを当てると、書いた文字がくっきり浮かび上がる。

ライトを当てると書いた文字がくっきりと浮かび上がる

細かい所が消しやすい…最後まで角が残る消しゴム

一方、こちらの店。

阿部まみリポーター:
東急ハンズの文房具コーナーです。平日のお昼過ぎなんですが、多くの人が文房具を真剣に選んでいます

中学3年生(女子):
文房具とか(来月から)高校生になるので、新しいの選びに来ました

中学3年生(男子):
(いま何を買った?)
レザーのペンケースが欲しいなと思って買いました

「文房具屋さん大賞」を受賞した優れた文房具などがずらりと並ぶ店内。
早速、オススメの商品を教えてもらった。

阿部まみリポーター:
こちらは何ですか?

東急ハンズ・森川沙織さん:
何だと思いますか?

阿部まみリポーター:
結構、弾力ありますけど

東急ハンズ・森川沙織さん:
実はこちら消しゴムなんですよ

1つの消しゴムに、角がなんと45個。常に角がある状態なので、細かい所が消しやすいと好評だ。
メーカー担当者によると、小学生の頃 新品の消しゴムの角がすぐなくなり、悲しい思いをしたことがあったので、最後まで角が残る消しゴムをと、折り紙からヒントを得て開発したとのこと。

45個の角がある多角消しゴムジグザグ

また「となりの文字まで消してしまった!」というイライラも解消してくれる優れモノだ。
さらに、合成ゴムという折れにくい材質を使用しているため、強度面での問題もない。

阿部まみリポーター:
消しゴムって、通常、消してたら丸くなってしまうけど、これだったらストレスなくどこ消しても

東急ハンズ・森川沙織さん:
いくら消しても角が出てくるってところが、この商品の特徴ですね

フタもファスナーもない…スマートなペンケース

こちらはシリコン製のシンプルなペンケース。ファスナーが付いていないので、出し入れは簡単。しかも逆さにしても。

フタもファスナーもないペンケース

阿部まみリポーター:
あ!本当だ!

東急ハンズ・森川沙織さん:
結構しっかり閉じてくれるので

阿部まみリポーター:
しっかりしてる

スマートに中身を取り出すことから生まれた商品だ。シリコン製で汚れに強く、簡単に手入れできる。クッション性にも優れているので衝撃から守ってくれるのが特徴。

一方、こちらは筆箱に入るコンパクトなロールタイプの付箋。ミシン目に沿って、好きなサイズにカットできる。

東急ハンズ・森川沙織さん:
この部分をスライドして頂いて、ここから付箋紙をピリッと出して頂くと、中に付箋紙が入ってます

「あったらいいな」をカタチにした最新の文房具。
春からの新生活を前に、お気に入りのアイテムを見つけてみてはいかが?

(テレビ西日本)