フルーツと野菜の美味しさを前面に…

桑名駅から東へ。桑名城の城下町だった場所に2020年12月に三重県桑名市にオープンしたフルーツタルトとサンドイッチの専門店「BELIER(ベリエ)」。
おいしいのはもちろん、女性が輝いて働くお店だ。

この記事の画像(7枚)

オーナーの大角志穂さんは、16年前に老舗青果店の3代目と結婚し、「フルーツや野菜のおいしさをもっと知って欲しい」とこの店を始めた。

スタッフは全員女性。女性の持つ力を存分に発揮してもらい、「やりがい」を感じてもらうためだという。子育て中や妊娠中の女性もいる。

「エビアボカド」のサンドイッチは、レタスや紫キャベツ、ニンジン、かいわれスプラウト、アボカド、それにエビが7尾も入って460円とお値打ち。

タルトの「アップルローズ」は、リンゴのスライスをバラの花びらに見立て、盛り付けられている。

しっかりとしたリンゴの甘さは、青果店から出発したお店ならでは。

大角さんは「女性がやりがいを自分の力で見つけて、人生を切り拓くようなお店にしたい」と話している。

(東海テレビ)