「速いなんてもんじゃない」…野球実況歴20年のアナウンサー最高速度200キロに挑戦

この記事の画像(11枚)

愛知県名古屋市のバッティングセンターに、最高速度200キロの剛速球マシンがある。日本のプロ野球史上の最速が160キロ台の中、200キロのボールは果たしてバットに当たるのか、前人未踏の球速にチャレンジした。

名古屋市瑞穂区にある「あらたまバッティングセンター」。剛速球バッティングマシンがあるのはここだ。

その最高速度は200キロ。日本プロ野球の史上最速は2016年、大谷翔平選手が出した165キロ。これをさらに35キロも上回る。

まず挑戦するのは、野球中継の実況歴20年の東海テレビの加藤アナウンサー。人類で誰も投げたことのないボールに、少年野球しかやったことのない男が挑んだ。

加藤アナ:
初球、おー!速いなんてもんじゃない!速すぎる!

あまりの速さに手が出ず、腰が引けてしまった。カメラで追うのもやっと。ボールが放たれてからホームベースに届くまでの時間はわずか0.3秒。その後も挑戦するが、完全に振り遅れ…。

そして7球目…。凡打だが前に飛んだ。結局辛うじてバットに当てたのは18球中3球だった…。

元高校球児「こんな速い球見たことない」…前人未到の剛速球を打ち返せるか

果たして、綺麗に打ち返すことができる人はいるのか?

大学生(21):
高校時代野球やってたので、打てるかと。我ら高校球児、なめてもらっちゃ困りますね

自信満々の元高校球児が挑戦した。

この大学生、初球は空振りしたが、2球目からバットに当て、その後はヒット性のいい当たりやライト方向への長打の当たりも。200キロを捉えていた。

大学生:
こんな速い球見たことなかったです。めちゃくちゃ速かったですね

バッティングセンターの窮地救う…200キロの剛速球で客足が凄い速度でV字回復

元高校球児でも当てるのがやっとの剛速球。このマシン導入のきっかけを聞くと…。

安藤さん:
名古屋で200キロは初めてなので、やってみようかなと

あらたまバッティングセンターは1966年に創業。2代目の安藤幹信さん(55)は22年前、父親の跡を継いだが、当時から進化のないマシンに客足は次第に遠退き…。その窮地を救ったのがこの200キロのマシンだった。

安藤さん:
ずっと思っていたのは、コントロールがよくて、スピードも遅いのから早いのからできるようなマシンがあったらいいなと

球速に加えコントロールが安定したマシンは珍しく、全国のメーカーを探し求め、5年前に福岡で見つけた。価格は約1000万円だった。

導入後、200キロのマシンがSNSで話題になり、客足はV字回復。

剛速球マシンは現在、全国に50台ほどあり、その元祖は名古屋。中日ドラゴンズの田島慎二投手もここで練習していたそうだ。

安藤さん:
地元からイチロー選手も出ましたので、そういう世界で通用するバッターが出てきてくれたら嬉しいですね

あらたまバッティングセンターの最高速度200キロが体験できる「200キロチャレンジデー」は、第2木曜と第4月曜の月2回開催している。

(東海テレビ)