アパレルショップが並ぶ地下街に現れた「青果店」…オープンしたら予想の倍以上の来客

リニューアルオープンした名古屋の地下街セントラルパークで、一躍人気店となっている「カネ井青果」。

店頭には、1株で100円(税別)の見た目に美しい「ブロッコリー」に、3本で100円(税別)の太い「ネギ」。さらに1パック580円(税別)の大粒のイチゴ「とちおとめ」と、名古屋のど真ん中にもかかわらず、おいしそうな野菜や果物が並ぶ。

新鮮、しかもお値打ちで、連日多くの客が詰めかけている。

この記事の画像(13枚)

名古屋市中区栄、ファッションの店が多く入る地下街、セントラルパークにオープンした「カネ井青果」は連日、多くの客で賑わっている。

女性客A:
新鮮ですよね。お安いし

男性客A:
結構、珍しいものとかもあるので、それで買ったりしています

女性客B:
この辺、八百屋さんとかなかったので、とても便利です

オープン以来、予想の2倍以上の来客があるとのこと。

午前7時。周りの店が開いていない中、カネ井青果では、既にスタッフが作業を始めていた。

店長:
ウチは元々仲卸の会社なので、岐阜の市場で買い付けています

カネ井青果は岐阜に本社を構える仲卸の会社。50年以上、野菜や果物を扱い、中部地方の大手スーパーや有名飲食店など、約20社と取引している。

3年前から岐阜市内などに直営店を構えた。今回、この店が名古屋初進出となる。セントラルパークにとっても、開業以来初の青果店だ。

街の真ん中に青果店ができたワケ…背景にあるのは進む都心回帰

ファッションの店や飲食店が多く並ぶ地下街に、なぜ青果店を誘致したのか?

セントラルパークの担当者:
周辺に、マンションが多くできているんですけど、スーパーがなくて、青果食品が不足している

(近くに住む)女性客C:
買い物難民みたいな時もあって、「こんなものコンビニで買って」という時もあったりして…。こちらができて助かっています

周囲にマンションが建ったことから、その住民らの需要を見込んで、青果店を誘致した。

店頭に並ぶ野菜を見ると、キャベツは丸のまま、大根も1本そのままと、カットされたものがほとんど見当たらない。

同・店長:
野菜そのまま1本の方が鮮度で美味しいです。あとは農家さんのためにも、たくさん消費してほしいなと、丸々そのまま販売しています

例外もある。地下鉄の利用者も多いため、白菜やかぼちゃなど、丸のままだと重いものはカットして販売している。

仲卸ならではの安さと新鮮さ…良質な青果が並ぶ理由は各部門専属のバイヤーの存在

午前10時開店。直後から店は賑わう。

女性客D:
ナゴヤドームの近くから地下鉄で(来ました)。このキュウリもすごく質が良くてね

安さはもちろん、新鮮で質がいい。仲卸だけにスーパーや飲食店にも卸すため、大量に仕入れることで販売価格を抑えている。もちろん質の良さにも理由が。

店長:
うちには、各担当のバイヤーが20人います。そのバイヤーが、独自の知識を生かして、直接農家さんから仕入れしているので

野菜や果物ごとに専門のバイヤーが。その数、実に20人。それぞれが独自のルートを持ち、市場でも交渉。その時期、もっとも美味しいものを仕入れる。それが品質の裏付けとなっていた。

こうした各バイヤーが自信を持って勧める野菜や果物が並ぶのには、もう一つ理由がある。それは「直営店がアンテナショップ」の役割を兼ねているから。店には、スーパーや飲食店の担当者もやってくるため、「うちの野菜はこんなにいいモノですよ」とアピールする場でもある。

翌日新鮮なモノを売るために…その日仕入れたほうれん草は1束半額50円で売りつくす

正午過ぎ。近くで働く人たちが、昼休みを利用して買い物にやってくる。

女性客E:
職場が近くてお昼休憩です。しょっちゅう来ています、自宅も近いので

男性客B:
セントラルパークに野菜屋さんがあるので、びっくりして。見たら安かったので、買いに来ました

午後3時過ぎ。客がまばらになったところで、スタッフ総出で野菜や果物を補充する。気が付けば、いつの間にかレジには行列が…。本当に、朝からお客さんが途切れる事はない。

そして午後7時前。ここで店長が1束100円(税別)のほうれん草を、50円(税別)に。翌日に新鮮なモノを売るために、この日のうちに売ってしまうためだ。

ただでさえ安いのに50円となれば、もちろん、みるみるうちに売れていく。その日、店頭に出した商品は、すべて売り切る。新鮮さを大事にする「カネ井青果」のスタイルだ。

結局、この日は午後9時の閉店までに約1600人が訪れた。仲卸が開いた青果店は、オープンから1か月で栄の名物店となっていた。

店長:
生産者さんに対してカネ井青果は一歩踏み込んで、一緒にいいものを開発して。お客様が喜んでもらえるように販売していきたいと思います

(東海テレビ)