目標は「東京パラリンピックでメダル」

2020年、車いすテニスの全仏オープンで準優勝した大谷桃子選手(25)。
2021年、彼女が見据えるのは、東京パラリンピックでのメダルだ。

この記事の画像(14枚)

12月14日、スポーツ賞授賞式。2020年 世界で結果を残した彼女は、新たな目標を見据えていた。

車いすテニス・大谷桃子選手:
東京パラリンピックではメダルを獲得して、「佐賀県の大谷桃子が車いすテニスでメダルを獲得した」と報告できるように頑張ります

車いすテニス全仏オープン準優勝・大谷桃子選手

車いすテニス・大谷桃子選手。
2020年 四大大会の1つ、全仏オープンで準優勝の快挙を成し遂げた。今をきらめく25歳。
1年延期された東京パラへ、リスタートを切っている。

車いすテニスの選手でも“特殊”な大谷選手

練習拠点は、佐賀県内の2カ所。愛車は自ら走らせる。
テニスをする時、右手3本の指は、テーピングで固める。

車いすテニス・大谷桃子選手:
握力が弱いので…ラケットを握って打っていると飛んでいっちゃう。添木みたいなものを当てて、飛んでいかないように

出身は栃木県。小学3年生の時にテニスを始め、高校時代はインターハイにも出場した。
病気の影響で車いすテニスに転向したのが、西九州大学に入学した2016年。これまで、数々の成績を残してきた。

車いすテニス転向も好成績を残す

大谷選手は、右足と右手のほかに、お尻にもほとんど力が入らない。

もりた鍼灸整骨院・森田整院長:
車いすテニスの選手でも特殊な方。みんな脊髄損傷などで「下肢だけが動かない、上半身は普通」という人たちと戦っている中で、この体で戦えているのはすごい

車いすテニス選手でも「特殊」という大谷桃子選手

車いすテニス・大谷桃子選手:
いぇい

もりた鍼灸整骨院・森田整院長:
握力もなければ、力が入るところと入らないところがある選手。「何でこんなに強いんだろう」と思う

2年前には、手首の靭帯を損傷した。手術に踏み切れたのは、東京パラリンピックが延期されたため。

車いすテニス・大谷桃子選手:
この痛みのまま東京パラだったら、どうしようかなと悩んでたので…。大きい声では言えないけど、1年延期になってよかった

2年前に手首の靭帯を損傷・手術

テニスを忘れ「ジェルネイル」も

たまの休みを使って足を運ぶ場所がある。

ーーきょうは何を?

車いすテニス・大谷桃子選手:
きょうはネイルをしに来ました。唯一テニスのことを忘れて、ゆっくり過ごせる

月に1回のジェルネイル。今回のテーマは、「クリスマス」。手を華やかにしている間に、ガールズトークにも花が咲く。

今回のテーマは「クリスマス」

車いすテニス・大谷桃子選手:
「30歳過ぎて結婚してなかったら家を建てるわ」って親に宣言したら、マジで怒られました。「30歳過ぎてから婚活でしょ」みたいな…

ーー桃子さん結婚する気は?

車いすテニス・大谷桃子選手:
30歳までにしたいなと思うけど、30歳過ぎたら「もういいかな」と思いそうな気がする

車いすテニス・大谷桃子選手:
すごーい。一気にクリスマス感。かわいい

妥協は一切なし 車いすも万全の調整

定期的に新しくするのは、ネイルだけではない。

オーエックスエンジニアリング・小倉豊さん:
できたのがこれです

改良された車いすが到着

届いたのは、新しい車いすだった。

オーエックスエンジニアリング・小倉豊さん:
背中のテンション(張り)のかかり具合が、どうもしっくりこなかったみたい。ここをはいだら、ちょうど真下に横に棒が入っている

改良品は、お尻の部分にあった1本のパイプをなくしたもの。

車いすテニス・大谷桃子選手:
今攻める感じのプレーができるようになってきたので、そっちのことを考えると(パイプ)なしの方がいいかなと

世界で戦う上で、妥協は一切しないと決めている。

車いすテニス・大谷桃子選手:
パイプ1本でも結構違うと思うので…。どんなふうになるのか…

新しい相棒は、これで6台目。今回はどうか…

古賀雅博コーチ:
今のところ違和感はなし?

車いすテニス・大谷桃子選手:
ある。安定しない。膝が

ーーどうでしたか?

車いすテニス・大谷桃子選手:
まだちょっと分からないですね。そのまま使えるか。来週いっぱいぐらいまで乗ってみて…

あっさり決まることは、ほとんどないという。
数日後、車いすはメーカーに送り直し、調整し直すことを決めた。

世界で戦うため妥協はしない大谷選手

より攻撃的なプレースタイルで頂点へ

車いすテニスを始めて4年半。大谷選手は全仏オープンでの準優勝を機に、あるチャレンジを始めている。

車いすテニス・大谷桃子選手:
自信がついたからか…違うプレースタイルを試せるようになった。「リターン」で攻めていく

リターンとは、相手のサーブに返球するショット。元々、粘り強いラリーが持ち味だが、リターンでポイントを取れれば、試合がぐっと楽になる。
準優勝した全仏オープンでも、リターンの手ごたえをつかんでいた。

狙うのは、この2カ所。

正確なリターンショットで攻める

大谷選手のリターンは、寸分の狂いもない正確なショット。
より攻撃的なスタイルで、さらなる高みへ。世界の頂点に挑む1年が始まっている。

車いすテニス・大谷桃子選手:
ここからリスタートして、ことし東京パラでメダル獲得できるように頑張りたい

攻撃的なスタイルで世界の頂点へ

(サガテレビ)