コロナ禍で迎えた2021年の初詣。
参拝の風景が一変。さらにアマビエに代わる新たな妖怪も登場、疫病退散へ静かにそして熱い願いを込める。
 

様変わりした初詣

密にならないよう間隔を空けて並ぶほか、参道は右側通行にするなどの対策をした元日の出雲大社。

この記事の画像(11枚)

2020年の正月三が日には約75万人が参拝に訪れたが、2021年は参拝客の数はその2割にとどまった。
分散参拝を呼びかけていて、元日に混雑は見られず、参拝客の多くが願ったのはコロナの終息だった。

宮崎からの参拝客:
コロナが増えてきているので、家族みんなで元気に気を付けて健康に過ごせたら良いと思います

地元の参拝客:
コロナで県外に行けなかったりとか制限があったので、マスクとかもしないでみんなで大声出して笑える日が来たら良いと思います

感染拡大地域から移住した人もいた。

岡山からの参拝客:
もともと北海道に住んでいて、北海道は感染者が多かったのが怖かったので岡山に移住してきました。今回はコロナが落ち着いてほしいということと、家内安全を祈願しにきました

学問の神様、菅原道真を祀る松江市の白潟天満宮では、例年 多くの受験生が訪れるが、2021年は終息を願う参拝者も見られた。

参拝者:
息子が受験なので、コロナのことも考えて家内安全も兼ねてきました

白潟天満宮には、眼の病に侵された武将が菅原道真に祈りを捧げたところ、治ったという逸話もあることから、病気平癒のご利益もあるとされている。

白潟天満宮・長谷川正矩 宮司:
病気平癒の方も沢山、祈願においでになる。毎月お祭りではコロナが終息するように拝んでいる

疫病退散はアマビエだけじゃない

一方、神様ではなく妖怪にお願いする人もいた。
2020年、疫病退散でアマビエが脚光を浴びた水木しげるロード。
妖怪神社で参拝していた男性から、アマビエ以外にも注目の妖怪がいるという情報が。

参拝客:
疫病退散に効果のある妖怪、あと1人おるんですよ。体に目がついたやつ。妖怪知っている間では結構広まっている

水木しげる記念館で聞いてみた。

水木しげる記念館・庄司行男館長:
クタベという人面の牛なんですけど、顔にもお腹にも目が3つあって疫病を退散させるといわれている

江戸時代、富山県の山に現れたと言われる妖怪クタベ。
原因不明の病が流行することを予言し、自分の姿を絵に書いて家に貼った者は助かると告げたという。
人面の牛の妖怪クタベ。2021年は丑年…御利益がありそう。

しかしどこで見られるのか。

水木しげる記念館・庄司行男館長:
今 記念館ではまだ展示してないんですけど、友の会に入ってもらえば

レアな妖怪で、記念館や水木ロードにその姿はない。
見ることができるのは、年間パス会員限定の特製クリアファイルのみ。

水木しげる記念館・庄司行男館長:
記念館でも見られるようにがんばります

人面の牛にも疫病退散の力が…

そこで気軽に会え、御利益がありそうな妖怪を教えてもらった。

安部記者:
疫病を退散させるという妖怪はここにもいます。この鬼の妖怪・方相氏です

水木しげるロードにブロンズ像がある方相氏。
4つ目で絶えず監視し、人間には見えない疫病を退散させるという。

水木しげる記念館・庄司行男館長:
去年はアマビエにお願いするばかりであったが、一日もはやくコロナが収束してこの3種の妖怪に感謝・退散させてくれてありがとうと、一日も早く言える日がくればと思います

(TSKさんいん中央テレビ)