フォロワー数急増…SNSを活用し新たなファン獲得

コロナの影響で2か月ほど休業をした三重県の鳥羽水族館に客足が戻ってきた。そこには、水族館の事を少しでも知ってもらいたいとスタッフが始めたSNSによる魅力の発信があった。

この記事の画像(24枚)

三重県鳥羽市の鳥羽水族館。10月11日の日曜日、開館と同時に人だかりができる場所があった。

ラッコのメイちゃん。2足歩行することで話題を呼んでいる人気者だ。

水族館は、新型コロナの影響で2か月ほど休業。再開直後はなかなか人が戻ってこなかった。

それでも、秋に入りGoToキャンペーンや修学旅行の需要もあり、例年の8割ほどまでに戻ってきた。

休業期間中から鳥羽水族館が力を入れ始めたのがSNS。

水族館に来ることができない人に、少しでも魅力を知ってもらおうと、3月以来ほぼ毎日、動物たちの動画や写真をアップ。

ミルクをねだるバイカルアザラシの赤ちゃんや、2足歩行をするラッコのメイちゃんなどが話題を呼んだ。

担当者は、この日、7月に生まれたアシカの仲間オタリアの赤ちゃんの写真を撮影し、アップするものを選んでいた。

鳥羽水族館の担当者:
こうやっていつも見て「かわいいなぁ」と思いながら写真を選んでいます

今やフォロワー数12万人の人気アカウントに。

休館中は、客のいない館内で生き物たちを散歩させたことも。そうした日々の努力により、これまでのファンに加え、新しいファンの獲得もできた。

「まだショーには出せない」…デビューを目指す新人飼育員の奮闘

ステージでは、ショーの練習が行われていた。南アフリカオットセイの女の子と一緒に練習していた女性は、今年入社した1年目の飼育員。

新人飼育員:
お客さんに見られる仕事だと思っていたのに、それがなかったので。飼育員をやっている実感はなかったです

客のいない水族館。入社してしばらくはそんな状況だった。

その中で、生き物たちの世話をしながらショーの練習に励み、デビューできる日を待ち望んでいる。この日は、初めて動物を交えての練習だった。

先輩飼育員:
デビューするにはまだまだです。ちゃんと見せられるものでないと。鳥羽水族館のネームバリューがこれから彼女の肩に乗っていきますので

新人飼育員:
自分と動物が息が合わないと成功しないので、先輩からもしっかりノウハウを教えてもらって、最短でデビューをしたいと思います

デビューに向けてまだまだ練習の毎日だ。

「普段は外からしか見られないので」…人気のバックヤードツアーも再開

しばらく休止していた、バックヤードツアーも再開。

この日、行われていたのは、客が普段は入れない場所を巡る「うら側探検隊のスナメリツアー」(1人500円)。スナメリの水槽のバックヤードでその生態など解説を聞ける特別なツアーだ。

新型コロナの感染予防のため、探検ツアーは半年間休止していたが、9月から県内在住者に限って復活した。バックヤードからだと、目の前にスナメリが。

ガイド:
じっくり観察してみてください。呼吸をするために噴気孔がパカっと開くので

目の前で見られるのは、バックヤードならでは。

参加した男性:
すごく近くで見られて、良かったです

参加した女の子:
普段は外側からしか見られないので、楽しかったです

休業を余儀なくされた状況から半年、少しずつだが普段の水族館に戻りつつある。むしろ、休館中の努力で更にファンは増えたといえる。

水族館の担当者は「SNSを通じて、水族館だけでなく、鳥羽市や三重県の魅力をもっと知ってもらいたいし、もっと入館者を増やす努力をしていきたい」と話す。

鳥羽水族館は今年、ベビーラッシュで、アシカの仲間オタリアの赤ちゃんをはじめ、セイウチやバイカルアザラシの赤ちゃんを見る事ができる。

歩くラッコは、朝昼夕それぞれの食事タイムに見られる可能性が高いため、その時間を狙うのがおすすめだ。

(東海テレビ)