創業150年で「2番目位の困難」…日本酒「蓬莱」の老舗酒造店 コロナ禍乗り越える不屈の心とアイデア力
FNNピックアップ

創業150年で「2番目位の困難」…日本酒「蓬莱」の老舗酒造店 コロナ禍乗り越える不屈の心とアイデア力

  • 良いと思ったアイデアは全て取り込む…9代目の信念
  • 減産は酒米農家の危機…蔵の酒を売り切るためのアイデア商法
  • 今だけの利益ではない…「長い目で見たら」優先すべきことが見えてくる

良いと思ったら全て取り込む…9代目の信念

岐阜県飛騨市にある創業150年の酒蔵「渡辺酒造店」。新型コロナの影響で経営の危機に直面したが、次々と打ち出すアイデアで危機を乗り越えている。

この記事の画像(24枚)

岐阜県飛騨市の酒蔵、「渡辺酒造店」。蔵元は9代目、渡辺久憲社長(51)。

中を案内してもらうと、多くの酒造メーカーと同様に機械化が進むなど一見普通の酒蔵だが、タンクにはびっしりと見学した人のメッセージが書かれていて、「ありがとう」のパワーを貯蔵しているという。

ポジティブな言葉をかけるとお酒がおいしくなると話す渡辺社長。ほかにも蔵の中では「吉本新喜劇」のCDが流されていた。

渡辺さん:
島木譲二さんがいらした時に、突然裸になってパチパチパンチやりだしたのですよ。「お笑いパワーで美味しいお酒にしてやる」って。“お笑いパワー発酵”というのを、その時ひらめきまして

良いと思ったアイデアは取り込む。奇抜なアイデアだが、作り出すお酒の味は折り紙付き。

蔵を代表する純米吟醸酒「蓬莱」は、ベルギーの国際的なコンテストで「味と香りのバランスがいい」と最高位の3つ星を獲得。

その他にも、これまで25種類の日本酒が、国内外60以上のコンテストで受賞するなど、高い評価を得ている。

全て10年前に渡辺久憲さんに代替わりしてからのもので、売上も6倍の12億円にまで伸びた。

「送料1000円のみで買える日本酒」に「消毒液」…創業150年の節目の経営危機もアイデアで乗り越える

しかし、改元のお祝いムードだった2019年から一転。2020年は新型コロナの影響で祭りが中止になるなど、特に全体の4割を占める地元の売上が、4~5月は8割ほどダウンし、創業150年の節目の年に、経営の危機が訪れた。

渡辺さん:
創業以来でもなかなか無い。2番目くらいじゃないですか、こんな困難は

困難にぶつかると見返すのは渡辺家の年表。

そこには、116年前の明治37年、町全体が焼ける大火事で、渡辺酒造店も全焼したとの記録がある。

渡辺さん:
蔵も屋敷も全部燃えちゃったけど、4か月後には酒造りを始めている。このたくましさですよ。(コロナを)何とか乗り越えれば、また一回り成長できるかなと思いますね

代々伝わる「不屈の心」。渡辺さんは、コロナ禍だからこそのアイデア商品を、次々と打ち出してきた。

1000円の送料のみで買える、新型コロナの終息を祈願した日本酒。

アルコール造りのノウハウを生かした消毒液の開発。

5万円の日本酒をコロナの陣中見舞いとしてプレゼントする企画を実施。

ツイッターで募集した結果、フォロワーは約12万人と10倍に急増した。

コロナ禍を機に進めたデジタル化も突破口のヒントに。
オーストラリアをはじめ海外の取引先と「オンライン蔵見学」を始めると、これが大好評。

8月の輸出は、2019年と比べて3倍以上になるなど、海外での需要が急激に伸びている。

同時に強化しているのがアイデア力だ。

月に数回、アイデアを社員も交えて出し合い、良いものがあれば、どんどん採用する。

こうした努力の積み重ねで、夏の売上は2019年を超えるほどになった。

酒米が余ってしまうかもしれない…ラベルだけ変えて販売 商品名は「裏事情」

しかし、将来に大きな影響を与えかねない、重大な問題が起きていた。

9月16日、タンクの中にはまだ1升瓶1万本分の日本酒があった。タンクに空きがなければ、酒米が余ってしまうため、このままいくと2021年は入荷量を3割カットせざるを得ない。

渡辺酒造店を代表する酒、「蓬莱」の原料「ひだほまれ」。手の掛け方が違うというこの酒米も減収で農家が立ち行かなくなれば、手に入らなくなる。農家にも大きな影響を与える大きな問題だ。

渡辺社長:
農家さんがないと酒づくりができない。長い目で見たら農家さんの将来も考えて、例年通りの酒米を作っていただくのが一番優先すべきことと思っています

「農家を支えたい」と社長が打った一手が、「裏事情」という商品。
中身は「蓬莱」だが、ラベルを変更し価格を3割引きにして販売するアイデアだ。

渡辺さん:
我々の利益より、例年通り酒米を買い付けられるように。そんな裏事情がありまして、こういったネーミングで

「裏事情」が奏功…更なるアイデアで届けたい「サケ イズ エンターテイメント」

9月25日、いよいよ始まった新酒造り。

気になるタンクの中身は、「裏事情」の販売が功を奏して改善された。削減率は当初の3割減から年末の売れ行き次第では1割5分まで減らせる見込みだ。

まだまだ安心できる段階ではないが、更なるアイデアでチャレンジを続ける。

渡辺さん:
人類未曽有の災いが、こんな飛騨の田舎まで影響があって、どう乗り越えるのか。渡辺酒造店の“サケ イズ エンターテイメント”を、よりたくさんの人にお届けします

(東海テレビ)

岐阜県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

行動力の妻を夫が支え…60歳で始めた食堂「人との出会いが喜び」…

行動力の妻を夫が支え…60歳で始めた食堂「人との出会いが喜び」…

ライフ
野良猫のふん尿や鳴き声が問題化 不妊・去勢の「出張手術」で過…

野良猫のふん尿や鳴き声が問題化 不妊・去勢の「出張手術」で過…

社会
舞踊家✕デザイナーで“ぼくらの公民館” 商店街に人が集う場所…

舞踊家✕デザイナーで“ぼくらの公民館” 商店街に人が集う場所…

都道府県
誤嚥性肺炎を防ぐ世界初の「とろみが付く飲料自販機」 植物由来…

誤嚥性肺炎を防ぐ世界初の「とろみが付く飲料自販機」 植物由来…

ライフ
“自宅”が除染廃棄物「中間貯蔵施設」に 期限は2045年…石碑に…

“自宅”が除染廃棄物「中間貯蔵施設」に 期限は2045年…石碑に…

社会
教職員がいない“昼休み”に避難訓練「自分の命は自分で守る」……

教職員がいない“昼休み”に避難訓練「自分の命は自分で守る」……

ライフ
一覧ページへ
×