プロ野球ドラフト会議でロッテから1位指名された法大の左腕・鈴木昭汰(22)が27日、川崎市の野球部合宿所で、永野吉成スカウト部長らから12球団一番乗りで指名のあいさつを受けた。 

井口資仁監督(45)の「共に頑張ろう!」とのメッセージの書かれた「当たりくじ」を受け取った鈴木は「福田光輝先輩がいるのも心強いですし、同じ左ピッチャーの小島さんには話を聞いてみたいです」と笑顔を見せた。

球団提供
この記事の画像(2枚)

茨城・常総学院高出身の鈴木は150キロ超の速球にスライダー、チェンジアップも操る左腕で、制球力にも定評。即戦力として、1年目から先発ローテーション入りが期待される。

ロッテ2020ドラフト
1位・鈴木昭汰(投手・法政大)
2位・中森俊介(投手・明石商)
3位・小川龍成(内野手・国学院大学)
4位・河村説人(投手・星槎道都大)
5位・西川僚祐(外野手・東海大相模高)