先月29日、神奈川県・厚木市の駐車場で、車の中に放置された末に、幼い姉と弟が死亡した。母親の長沢麗奈容疑者(21)が、今月2日、保護責任者遺棄の疑いで逮捕され、事件の真相が、少しずつ明らかになってきた。

車内に放置 幼い姉弟が”熱中症死”

「子どもが車内でぐったりしている、意識がない」。先月29日午後4時51分、長沢容疑者は、自ら119番通報をした。現場は、厚木市の「ぼうさいの丘公園」駐車場。救急隊員が駆けつけると、長沢容疑者は、娘の姫梛(ひな)ちゃん・2歳と、息子の煌翔(こうが)ちゃん・1歳に、心臓マッサージをしていたという。

通報内容の通り、2人は、すでに意識不明の状態だった。体温は40度を超えていたそうだ。すぐに病院に運ばれたが、弟の煌翔ちゃんは、その日のうちに息を引き取った。後を追うように、姉の姫梛ちゃんも、4日後に亡くなった。2人の死因は「熱中症」に伴う多臓器不全だった。

送検される長沢麗奈容疑者(21日)(3日午前 小田原署)
送検される長沢麗奈容疑者(21日)(3日午前 小田原署)
この記事の画像(17枚)

神奈川県警厚木署は、2人が発見された日から、長沢容疑者に対する事情聴取を重ねた。当初、長沢容疑者は、「公園に来て、子どもと遊んでいた。子どもが寝たので、後部座席に寝かせていた。自分は前の席でスマートフォンを触っていた」と説明していたという。

また、車内の状況については、「窓は開けて、エアコンはつけていなかった。近所に迷惑だと思い、エンジンを切っていた」と話していたそうだ。ところが、現着した救急隊員は、車の窓が開いていなかったのを確認していた。長沢容疑者の”言い分”に綻びが見え始めていた。

母親がついた”ウソ”

その後の調べで、長沢容疑者が、当時、公園にはいなかったことも明らかになった。実は、公園近くの知人男性宅を訪れていたというのだ。車も、知人宅の近くに止めていたそうだ。長沢容疑者が、1時間ほど、”時を過ごして”、車に戻ると、すでに姉弟は、ぐったりしていたという。

幼い姉と弟が意識不明の状態で見つかった車(先月29日 神奈川・厚木市)
幼い姉と弟が意識不明の状態で見つかった車(先月29日 神奈川・厚木市)

しかし、長沢容疑者は、その場で救急車を呼ばなかった。わざわざ、車を公園の駐車場まで移動させて、そこから119番通報をしていたのだ。なぜ、警察官にウソの説明をしたのか。なぜ、車を移動させてから、助けを呼んだのか。子どもを車内に放置したことを隠そうとしたのか。

救急隊員が、現場で目にしたのは、”片手”で、我が子に心臓マッサージをする長沢容疑者の姿だった。その救命措置は演技だったのか。本人は「車のクーラーは付けていた」と主張しているようだが、エンジンは切られていた可能性が高い。

姫梛ちゃんが死亡したのは今月2日。その日の夕方、長沢容疑者は、煌翔ちゃんに対する保護責任者遺棄の疑いで逮捕された。翌3日午前、神奈川県が記者会見を開いた。長沢容疑者が、事件前にも、子どもを”車内放置”していたことが分かり、児童相談所の対応などについて説明の場を設けたのだ。

事件前にも”車内放置” 警察官から注意

神奈川県によると、長沢容疑者は、5月30日から、子ども2人とともに、自分の母親宅に身を寄せていたとのこと。夫との離婚を機に、実家に戻ったそうだ。7月8日夕方、この4人で、寒川町の”100均”ショップに、買い物に出かけたという。

その際、寝ていた煌翔ちゃんを車に残して、3人だけで店内に向かったとのこと。すると、目覚めた煌翔ちゃんが、車の中で泣き始めた。その様子を通行人が目撃。県警に通報したところ、偶然、パトカーが付近を通りかかったという。

事件を受けて、神奈川県が記者会見を行った(3日午前 神奈川県庁)
事件を受けて、神奈川県が記者会見を行った(3日午前 神奈川県庁)

夏場の、子どもの”車内放置”は、命の危険につながる恐れがある。警察官の要請により、店内には、車の運転手を”探す”アナウンスが流されたという。結局、長沢容疑者は、店員に声を掛けられて、我が子のもとに戻ったとのこと。

車を離れてから5~10分程度だったという。しかし警察官からは、その場で、厳重な注意を受けることになった。この”車内放置”事案を扱った茅ヶ崎署は、「ネグレクト(育児放棄・怠慢)」に当たると判断し、6日後の7月14、児童相談所に通告した。

「虐待だと理解。二度としません」と誓ったが

その際、長沢容疑者は「虐待だと理解しています。二度としません」と話したという。しかし、”反省”の言葉もむなしく、長沢容疑者は、再び、猛烈な暑さの車の中に、我が子2人を放置してしまう。児相通告から、わずか2週間後のことだった。

今後の捜査だが、ポイントは2つ。厚木署は、車内放置と死亡との因果関係を調べる方針だ。現在は、保護責任者遺棄容疑だが、因果関係が認定されれば、保護責任者遺棄”致死”容疑で立件することになる。

逮捕直後、厚木署から移送される長沢容疑者(2日夜)
逮捕直後、厚木署から移送される長沢容疑者(2日夜)

さらに、事件当日の”行動”の裏付け捜査も重要だ。1時間の”車内放置”で、子ども2人が命を落とすのかどうか。長沢容疑者と知人男性との”関係”は分かっていない。男性は、長沢容疑者が”子持ち”だったことを知らなかったという。厚木署は、男性からも詳しく事情を聴く見通しだ。

逮捕直後、厚木署から、女性用の留置場がある小田原署に移送された長沢容疑者。カメラの前では、あっけらかんとした表情を見せた。翌日、送検された際は、一転して、疲れ切った様子だった。今は、「子どもに申し訳ないことをした」などと話しているという。