冬の到来告げる風物詩「雪虫」 ことしの発生数は?

空を飛び交う無数の白い物体「雪虫」。アブラムシの一種だ。
服や顔にくっつくため、厄介な存在だが、雪が降る前に飛ぶため、冬の到来を告げる風物詩にもなっている。

この記事の画像(11枚)

吉井庸二気象予報士:
秋になると、トドマツの根から出てきてヤチダモの木へ移動する雪虫。飛び出すと厄介者ですが、果たして2020年の数はどうなるのでしょうか?

北海道・札幌市内でもここ数日、目撃が増えている。

吉井庸二気象予報士:
いたいたいた。ここです。ここです

夏から秋にかけての気温が高かったことから、大量発生する可能性が高いとみられている。

北海道大学農学研究院・秋元信一教授:
昆虫の産卵や出産、成長は、温度に依存して決まるんです。(気温が)高いと成長が早くなり、子供をうむのも早くなる。全体にたくさんの子供がうまれてきます

2020年は記録的な残暑となり、9月上旬の北海道内の平均気温が観測史上1位と、雪虫発生に格好の条件がそろった。

北海道大学農学研究院・秋元信一教授:
世代の間で、気温が高いとそれぞれたくさんの子供を産むので、ねずみ算式に大量に個体が発生することになります。2020年も雪虫の発生は多いと思います

今年も大量発生のおそれ 健康への影響は?

大量発生しそうな雪虫。私たちの体にも影響を与える可能性がある。
雪虫を大量に吸い込んだり、皮膚に付着すると引き起こされる可能性があるのが、「アレルギー疾患」。

北円山耳鼻咽喉科アレルギークリニック・白崎英明院長:
雪虫のアレルギーがあるかどうかは、検査試薬が存在しないので調べられない

北円山耳鼻咽喉科アレルギークリニック・白崎英明院長:
雪虫は、アブラムシに属する生き物なんですが、アブラムシのエキスを使ったアレルギー検査で、アレルギーを持った人では10人中3人が、強い皮膚アレルギーが起こったという報告があります

北円山耳鼻咽喉科アレルギークリニック・白崎英明院長:
大量発生すると、アレルギーの原因に多く触れることがあります。雪虫が付着しても、つぶさないことが重要かと思います

雪虫が飛びやすい日の条件は「風が弱い」、「晴れかくもり」、「夕方」で、アレルギーを引き起こさないためにも、「つぶさない」、「吸い込まない」ことがポイント。

(北海道文化放送)