「Go To イート」キャンペーン “お得”な利用法は?

新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食店を支援する「GoToイート」キャンペーンがまもなく始まる。しかし、名前は知っているけど具体的なことはわからないという人も多いのでは?

「GoToイート」 キャンペーンは、新型コロナで打撃を受けた飲食店を支援するための政府の事業で、利用者は飲食店で「お得」に食事ができる。

具体的には、GoToイートの利用方法は大きく分けて2つ。

利用方法その1 「プレミアム付き食事券」

1つは、お得な「プレミアム付き食事券」。
登録された飲食店で使えるが、今回は具体的に決まっている三重県を例に説明することに。

「どうお得になるか」というと、三重県の場合は1000円分が10枚つづりになっている1万円分のチケットを8000円で買う。つまり、2000円のお得になる。

三重県では、1度に1人2セットまで購入できる。三重は100万セット(100億円分)を販売する。

「プレミアム付き食事券」どこのお店で使える?

対象となるのは、感染対策をしていて、外食にあたる店内飲食がメインのお店。対象となる店については、テイクアウトやデリバリーでも食事券は使うことができるが、キッチンカーやデリバリー専門店は対象外。

三重県で購入した食事券は、その県内のみで使うことができる。

「プレミアム付き食事券」どうやって買える?

食事券を買う方法は三重県の場合、「三重GoToイート」のホームページからの申し込みと、「三重GoToEatキャンペーン事務局(津市栄町3-143-1笠間第二ビル3階)」宛てに往復はがきを送る方法があり、往復はがきの場合は、9月25日から10月6日の消印まで有効で、申し込みが多い場合は「抽選」となる。

ホームページからの受付は、10月12日の午前10時から始まるが、先着優先となっている。

ホームページからでも、往復はがきでも、購入用の番号が送られてくるので、それを持ってファミリーマートにある「チケット引き換え機」で食事券を受け取る。

利用方法その2 「オンライン予約によるポイントサービス」

もう1つの利用方法は、オンライン予約でポイントをもらう方法。

「ぐるナビ」や「食べログ」、「ホットペッパー」など13のオンライン事業者を通じて、予約して利用すると昼食で500円分、夕食で1000円分の、次回以降に使うことができるポイントを後日もらうことができる。

参加する飲食店の登録は9月15日に始まり、オンライン予約によるポイントサービスは10月1日から順次始まる。

(東海テレビ)