今、身近な日用品の容器がさりげなく進化していることを知っているだろうか。そこで便利に進化する容器をシェアする。

塩分摂取量が分かる容器

まずは、明星「評判屋」シリーズ。一見普通のカップ麺に見える。

容器の蓋を開けてみると…

めざまし取材班:
「しおケアカップ」と書いてあります。

実は、食塩の摂取量を調整できるように工夫されている。

カップの内側を見てみると、上下に2本の線が入っている。上はお湯を入れる給湯線、下は線までスープを残した際に摂取する食塩量の目安がわかるようになっている。

目安はカップの側面に書かれており、食塩相当量のグラムまで記載されているため、減塩を意識できるようになっている。

上下逆さまにして使う乳液の容器

続いては、9月19日発売のぬれた肌に使うタイプの乳液の容器。花王「ビオレu ザ ボディ ぬれた肌に使うボディ乳液」本体300mL参考価格980円(税別)。

パッケージの文字に注目してみると表面は普通に書いてあるが、裏にすると文字が上下逆に書かれている。

実はこれ、逆さの状態で使う。専用のノズルに付け替えて、下の赤い部分の穴にフックを通せば使用可能になる。

ボタンを押せば乳液が出て、お風呂場で手軽に使うことができる。プラスチックゴミも減らせる。

手が触れる部分も消毒できるスプレーボトル

続いては、礼恩株式会社「プッシュ部消毒機能付きスプレーボトル(仮)」参考価格750円(税別)。

実際に使ってみると…

めざまし取材班:
押した部分からもアルコールが出てきます。

押した時にノズルからはもちろん、手が触れる部分からも消毒液が出てくるようになっている。

不特定多数の人が触れることの多いプッシュする箇所も除菌できないかという思いから開発。押すたびに除菌されるため、大勢の人が出入りする場所でも安心して使用できる。

(「めざましテレビ」9月14日放送分より)