カメラ店をリノベーション…木の温もりのあるホテルに

愛知県岡崎市に、2020年6月にオープンしたこじんまりとした「ホテル アングル」。

この記事の画像(10枚)

岡崎市内で最も古かったというカメラ店をリノベーションしたホテルで、木の温もりや開放的なテラスが魅力的だ。

店舗だった1階はフロントとバーに改装。緑と木製のカウンターが良い雰囲気。

住居だった2階と3階には6つの客室を設けた。

シングルルームは木を活かし、温かみがある。

3階には、広いテラスもあった。開放的ながらも、ちょっとした秘密基地のようで、オーナー・飯田さんのお気に入りだ。

オーナーの飯田さん:
いわゆる「ザ・観光」というよりも、日常の面白さというか、遠くから来る人にとっては、僕らの日常が非日常になったりするので、それを体感してもらうと面白いんじゃないかなって

オーナーは山梨県の出身で、3年前に仕事の関係で引っ越し、岡崎に魅力を感じたという。

飯田さん:
町歩きをしたり、いろんな人に出会ったりして、すごくいい町だなと思って。新しい個人のお店ができ始めた時期でした

また、100年以上続く企業や、昔の商店も残る岡崎市は新しいものと古いものがうまく混ざっていて、多くの人に知ってほしいと思ったとも話す。

新型コロナウイルスの影響はもちろんあるが、今は県内のお客さんが多く来店していて、飯田さんはなかなか外に出づらい今だからこそ、逆に自分の地域を深堀りする良い機会だと感じている。

小さいながらも魅力的なホテルには、オーナーの「岡崎愛」がたっぷり詰まっていた。

(東海テレビ)