名古屋の老舗ホテルがお弁当でタッグ

名古屋にある2つの老舗ホテルがタッグを組んでお弁当を作った。
テイクアウトはもちろんデリバリーもしているが、その狙いを取材した。

この記事の画像(27枚)

国産牛のステーキに、本格的な中華料理の点心。

どれもおいしそうだが、すべてテイクアウトやデリバリー用だ。
作るのは、「ホテルナゴヤキャッスル」と「名古屋観光ホテル」のシェフたち。しかも共同作業。その名も「シェフズキッチン」。
名古屋を代表する老舗ホテルが手を取りあった、デリバリーとテイクアウトのサービス。少々値は張るが、他とはちょっと違う。

「名古屋観光ホテル」と「ホテルナゴヤキャッスル」。

名古屋観光ホテルは1936年、「名古屋にも国際級ホテルを作るべき」と、商工会議所などが中心となり誕生。

中部の迎賓館として、その役割を果たしてきた。

一方、「ホテルナゴヤキャッスル」の誕生は1969年。

名古屋城の目の前という好立地に加え、日本初だった展望エレベーター。

最上階には360度回転するバーなど、当時の最先端の設備を備え、広く知られてきた。

人気メニューのアレンジや両ホテルで考案の特別メニューも

6月19日午前10時。ホテルナゴヤキャッスルの厨房で、テイクアウトやデリバリー用の調理が始まった。中には、名古屋観光ホテルのシェフの姿もある。

名古屋観光ホテルのシェフ:
だいたい2か月ほど前から来て、昼の間は一緒に手伝って弁当を作っています

ランチメニューはレシピもコラボする。
例えば、牛フィレ肉ステーキ弁当は…

ホテルナゴヤキャッスルのシェフ:
名古屋観光ホテルさんで人気商品のステーキ丼をこちらに持ってきて、お肉は観光ホテルさんがチョイスしたお肉を使って、ナゴヤキャッスルはソースでアレンジを少し加えまして、コラボしています

その「牛フィレ肉ステーキ弁当」は2000円。

観光ホテルで人気だったステーキ丼のお肉に、ナゴヤキャッスルオリジナルの照り焼きソースをかけることで、双方の「いいとこどり」をした。

和食の週替わりランチ。この日はみりん麹に漬け込んだ、キングサーモンがメイン。

ホテルナゴヤキャッスルのシェフ:
やっぱりキングサーモンの脂が落ちるとすごく甘みがあってうまいので。みりんの麹と合わさるとすごくふくよかで、みりんの香りとちょうど合わさる感じ

ご飯の上に高菜炒めと炙り明太子が乗る、「鮭みりん麹弁当」は2300円。

こちらも両ホテルのシェフがアイデアを出し合って考案した。
値は張るが、双方が手掛けていると聞くと一度は食べてみたくなる。

しかし、なぜライバルがタッグを組んでいるのだろうか。

ホテルナゴヤキャッスル広報担当者:
ライバルのホテルですけれども、老舗ホテルということで客層は似ていますし、お互いのお客様にも知っていただけるということで、相乗効果を狙って始めました

実は3年ほど前から、お互いのレストランで共同のスタンプラリーをしていた。

また観光ホテルで1番人気の「あんパン」をナゴヤキャッスルで販売したり、逆にナゴヤキャッスルで1番人気のパン「ボイゲル」を、観光ホテルで販売したこともあった。

午前11時。デリバリーの担当者が弁当をホテルの紙袋に詰めていく。

デリバリーの担当者:
きょうの注文は牛フィレ弁当が9個です。お客さまはホテルの商品が安心に届くということと、ホテルの制服で届くということで、非常に喜んでいただいております

ホテルマン自らがデリバリー、確かにちょっと豪華な感じがする。

そして正午。ホテル1階のテイクアウト受付コーナーに男性が来店。

男性客:
たびたびこちらのホテルを利用していまして、(コロナで)美味しい物を食べに行けないから、近くでやっていただければそれを利用させていただいて美味しくいただいています

別の3人の女性はレストランでの食事の後、お土産用に注文していた。

女性客A:
主人(へのお土産)。ここで結婚式を挙げたんです
女性客B:
私は息子が(ここで結婚式)

やはり利用者の多くは常連客のようだ。

午後3時。中国料理「柳城」ではデリバリーの調理が始まっていた。

厨房の奥では香港から来た点心師が、ホテルオリジナルの点心を包んでいた。

本場の味が楽しめる「香港点心膳」(2500円)は、皮にカボチャを練り込み、カニが乗ったシュウマイや、ホタテを包んだ蒸し餃子など、ナゴヤキャッスルオリジナルの点心が魅力。

それをホテルマンがデリバリー用の保温バッグに入れ、配達する。

ロースにフォアグラ、トリュフも…「殿様メニュー」は15000円

ちなみにこの「シェフズキッチン」のディナーには、なんと1人前で1万5000円もするメニューもあった。その名も「殿様ロッシーニ」!

これに、ブランデーで香りづけしたハンガリー産のフォワグラをトッピング。

さらに、トリュフや金粉まで。
それを金ピカの丼に盛り付ける。
まさに名古屋を代表するホテルならでは、名古屋らしい一品だ。

しかし注文はあるのだろうか?

ホテルナゴヤキャッスルのシェフ:
毎日は入っておりませんが、特にGWにはよく(注文が)入りましたし、リピーターも結構みえます。5回も6回もという方もみえます

毎週のように注文する常連客もいるとのこと。

名古屋を代表する2つのホテルがタッグを組んだテイクアウト&デリバリー。そこには、老舗ホテルのシェフが手掛けるだけのことはある、確かな味があった。

ホテルナゴヤキャッスルのシェフ:
今までお互いに別々でやってきましたけども、相手のホテルはこういうやり方をするというのは非常に勉強になりますね、お互いに

観光ホテルの広報担当者:
これからもメニューの開発を続けて、しばらくは続けていこうと思っております

(東海テレビ)