動画配信大手「ネットフリックス」の過去3ヶ月間の純利益がおよそ90%減少していたことがわかりました。

「ネットフリックス」が、 19 日に発表した決算によりますと去年 10 月から 12 月までの純利益はおよそ 5500 万ドルで前の年の同じ時期に比べておよそ 90 %減少しました。

作品の宣伝費がかさんだことなどが影響したとみられます。

売上高は 2 %増加しおよそ78億ドルでしたが2002 年の上場以降で最も低い伸び率となりました。

また、創業者のリード・ヘイスティングスCEOが「事業を引き継ぐ適切な時期だ」として退任し、共同CEOとしてグレッグ・ピーターズ氏が就任したことも発表されました。

記事 911 国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。