俳優の渡辺徹さんが、先月28日、敗血症のため亡くなった。61歳だった。”おしどり夫婦”として知られた妻で女優の榊原郁恵さんと、父親と同じ道を歩んだ長男で俳優の渡辺裕太さんが、午後5時から、記者会見を行った。きのうときょう、通夜・告別式が、いずれも家族葬で執り行われたという。

記者会見の中で、郁恵さんは、「渡辺徹のことを無事に見送ることができました。渡辺徹と言う人をやっぱり忘れないでもらいたい、語り合ってもらえたら。私たちも、あの人が喜んでくれるような感じで、しゃべり続けていきたい」と話した。

郁恵さんによると、先月19日に、仕事で秋田に行き、その際、少し発熱が見られたという。検査の結果、新型コロナウイルスは陰性だったが、翌20日に体調が悪化し入院。その後、容態が急変したという。入院中は、ICUで治療が続けられたとのこと。

最期の瞬間の様子について、郁恵さんは「前の日(27日)には、もう心臓が止まっていたと思います。最後の最後まで、私たちが(病院に)来るまで待っていてくれて、それで、しっかりと見届けて、『お父さんご苦労様でした』という風に、あの瞬間を迎えさせてもらいました」と話した。

記者からの「渡辺徹さんに贈る言葉は?」との問いに、郁恵さんは「感謝しかないです」と答えた。裕太さんは「あまり語り合う親子関係ではなかったかもしれないが、『任せたぞ』と言われていると思うので、『分かった。任せてよ』という感じでしょうか」と述べた。

”結婚35年”の父・徹さんと母・郁恵さんについて、裕太さんは、「父親は、周りの人を楽しませるのが好きな人だったので、母親は楽しそうでした。父親の話で一番笑っていると思います」と振り返った。

記者会見を行う渡辺裕太さんと榊原郁恵さん(午後5時すぎ 東京・目黒区)
記者会見を行う渡辺裕太さんと榊原郁恵さん(午後5時すぎ 東京・目黒区)
この記事の画像(5枚)
渡辺徹さんの遺影は、去年7月に撮影されたもの
渡辺徹さんの遺影は、去年7月に撮影されたもの

記事 4707 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。