きのう午後、東京・八王子市の都立大学南大沢キャンパスで、同大学で教授を務める社会学者の宮台真司さんが、何者かに刃物で切りつけられ重傷を負った事件を受けて、小池知事は、大学の安全対策を強化するよう指示したことを明らかにした。

けさ、都庁で取材に応じた小池知事は、現場の都立大南大沢キャンパスについて「公園のようなところで、誰が入っていい、誰が入ってはいけない、そういう所ではない」として、誰でも立ち入ることができる場所だったことを明らかにした。

その上で、小池知事は、「学生も心配している。総務局に、安全を確保できるような対策を指示した」と述べた。

記事 1246 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。