大分県日田市にあるJR夜明(よあけ)駅。久大本線と日田彦山線の分岐駅だ。

日田彦山線の日田から添田の間は、2017年の九州北部豪雨で被害を受けて以来、不通になっていて、現在は代行バスによる輸送が行われている。

日田彦山線が使っていた夜明駅の3番線は全く使われていない状態だったが、8月にお客さんを乗せる最後の列車が入った。その様子を取材した。

被災した線路で特別ツアー開催

2017年の九州北部豪雨。日田彦山線は大きなダメージを受けた。

2017年、九州北部豪雨で甚大な被害を受けた日田彦山線
2017年、九州北部豪雨で甚大な被害を受けた日田彦山線
この記事の画像(8枚)

福岡県の添田駅と大分県の日田駅を結ぶ区間は、現在も代行バスが走っている。 

添田駅ー日田駅間は代行バスが走行
添田駅ー日田駅間は代行バスが走行

添田駅と日田駅の間は2023年の夏、新たにBRT「ひこぼしライン」が開業することになっている。BRTとはバス高速輸送システムのことで、一部バス専用道路を走り、速さと正確さが特徴だ。

日田駅から久留米方向に2つ目、小さな無人駅の「夜明駅」。駅名の美しさで知られている駅でもある。

夜明駅(日田市)
夜明駅(日田市)

1番線、2番線は久大本線で、日田彦山線が出入りしていたのは3番線。ここだけ5年間、時が止まっている。

5年間使用されていない3番線(右)
5年間使用されていない3番線(右)

もう使われることがないと見られていた3番線だが、8月27日と28日の2日間、この3番線を発着するJRの特別ツアーが開催された。 

ファン感無量 列車の車窓はBRTで復活

5年ぶりの、そしてこれが最後となる、日田彦山線夜明駅3番線。特別ツアーの日、駅にはたくさんの鉄道ファンがやってきた。

鉄道ファン:
入線するところを撮りたいなと思って、福岡からやってきました。寂しい気持ちではありますね、鉄路がなくなるって…

駅には多くの鉄道ファンが訪れた
駅には多くの鉄道ファンが訪れた

駅で待ち構えていた鉄道ファン、そしてツアーの参加者が3番線最後の列車を写真に収める。

佐賀県から訪れた男性:
感無量。これが最後というとちょっと残念で仕方がないんですけど、仕方のないこと。今度からBRTも楽しみに、ここを訪ねてきたいと思います

最後の姿を目に、写真に収める鉄道ファンたち
最後の姿を目に、写真に収める鉄道ファンたち

今回のツアーの行程のひとつに、2023年夏に開業のBRT「ひこぼしライン」の工事現場を巡るバスツアーがあった。

福岡県東峰村にある筑前岩屋駅そばの釈迦岳トンネル。かつて列車が走ったこのトンネルを今度はバスが走る。高さ20m、長さ70mの栗木野橋梁もめぐる。棚田が広がる車窓もBRTで復活予定だ。

この棚田の景色もBRTで楽しむことができる
この棚田の景色もBRTで楽しむことができる

夜明駅3番線にもう列車が走ることはないが、地域の思いを乗せたBRTは2023年夏に開業予定。

(テレビ大分)