8月8日の「たこ焼きの日」に、あるユニークなギターがお披露目された。

記者リポート:
見てください、本体部分が“たこ焼き器”になっています

この記事の画像(6枚)

カセットコンロなどを販売する岩谷産業などが8月8日「たこ焼きの日」に発表したのは、自社のたこやき器をそのまま使った世界初の「たこ焼きギター」。
制作期間は約2年、材料費だけで50万円以上かかったという特注品だ。

チューニングをする部品にはたこ焼きが付いていて、カセットコンロの火もLEDで再現されている。

ご当地ギターの展開に力を入れる山野楽器から依頼があり、たこ焼き以上に熱い思いを受け取った大阪発祥の岩谷産業が協力を決めた。

さらに…

♪「まんまるで転がしてジュージュージュー、ソース・マヨ・かつお節でいただきます」

普通のギターと変わりなく演奏できるということで、大阪出身の歌手・番匠谷紗衣さんが「たこ焼きのうた」を披露。

関西人なら気になる実用性は…

(Q.このギターでたこ焼きは焼けるんでしょうか?)
岩谷産業 カートリッジガス本部長 酒井泰さん:
焼けません。たこ焼き焼くのは、こちら(たこ焼き機)でお願いします

ギターは販売の予定はなく、8日から岩谷産業と山野楽器の2店舗で展示される。

(関西テレビ 2022年8月8日放送)