北海道内で科学館のリニューアルが相次いでいる。キーワードは、子どもだけではなく大人も楽しめる「体験型」だ。

"環境問題"から"物理"まで…大人も楽しめる体験コーナー

室蘭市の「DENZAI環境科学館」。
老朽化で閉館した室蘭市青少年科学館の跡地に、2021年12月にオープンした。

この記事の画像(19枚)

青山 剛 室蘭市長:
「環境科学館」と名前を改め、幅広い世代が環境問題を学ぶことができる施設になった

環境問題を学べるだけではない。滑車で重いものを持ち上げる、"てこの原理"を学べる。

さらに数学的な思考力を養えるパズルゲームなど、体験型のコーナーが充実していて大人も楽しめる。

館内には北海道外から来た人の姿も…

千葉県から来た人:
子どものころ理科の実験をしたが、大人になってやると発見が多かった

こちらは、室蘭市の人気スポットなどをバーチャルで体験できるコーナー。

室蘭市の地図にあるQRコードにタブレットをかざすと、室蘭市の自然や「鉄のまち」ならではのさまざまなスポットが360度のパノラマで見渡せる。

安野 陽介 ディレクター:
セメント工場に入ったかのような…面白い!

DENZAI環境科学館・吉田義彦さん:
普段入ることのできない工場見学を疑似体験できちゃう

800万個の恒星と88の星座のCGで投影する、最新式のプラネタリウム「オルフェウス」も北海道内で初めて導入した。

室蘭市民:
室蘭の星空はこうなんだな、というのが見ることができて大変良かった

こんなことまで? 科学館で"無重力"を体験

一方、旭川市には、大人も子どもも楽しめる「体験型」の科学館、「旭川市科学館サイパル」がある。

中でも、2005年のオープン時から人気を集めているのが…

旭川市科学館サイパル・大瀧安洋さん:
一番人気を集めているのが、こちらの宇宙ゴマです。宇宙飛行士が訓練に使っていた装置と同じ形の展示になる

体をイスに固定し約1分半、宇宙船の中を疑似体験する。

中田 和樹 記者:
すごい無重力を味わえる

ほかにも、巨大なシャボン玉にスッポリ入れる装置や、ボールを転がしエネルギーの法則を学べる装置など体験型のコーナーが並んでいる。

東京から来た人:
科学は得意じゃないが、一緒に勉強できれば子どもも大人も楽しめる

四角が実は…丸? "錯覚"で不思議な体験も

そして今一番ホットなのが、2021年12月のリニューアルで登場した「錯覚いろいろコーナー」だ。

旭川市科学館サイパル 大瀧 安洋さん:
どういう形に見えますか?

中田 和樹 記者:
四角に見えますけど…

旭川市科学館サイパル 大瀧 安洋さん:
これを当ててみるとわかるんですけど…

旭川市科学館サイパル 大瀧 安洋さん:
実は…同じ丸なんです

旭川市科学館サイパル 大瀧 安洋さん:
でも外してみると…

旭川市科学館サイパル 大瀧 安洋さん:
歪んだ四角のように見えるんです

目の錯覚で不思議な感覚を覚える絵や図形が約30点展示されている。

札幌市から来た人:
錯覚が面白い、一番楽しい!

札幌市から来た人:
(子どもが)貴重な体験ができているなと思って。来てよかったと思った

また、2021年10月に開設された工作室ではパソコンで作った模型を立体で出力できる3Dプリンターなど、デジタル工作機械を体験することができる。

親子でのお出かけにリニューアルした科学館を訪れてみては?
子どもより大人がハマるかもしれない。

(北海道文化放送)