「カメラのほうが思い伝わる」スマホ世代が“一眼レフ”にかける青春 3年ぶりの高校生撮影大会【新潟発】
FNNピックアップ

「カメラのほうが思い伝わる」スマホ世代が“一眼レフ”にかける青春 3年ぶりの高校生撮影大会【新潟発】

新潟市で開かれた高校生による撮影大会。スマートフォン世代がカメラにかける思いを取材した。

3年ぶりの撮影大会 “まちの魅力”再発見も

6月17日、新潟市で開かれたのは、写真部に所属する県内の高校生が腕を競う撮影大会。

第26回 撮影大会・新潟大会
この記事の画像(13枚)

2020年・2021年と、新型コロナウイルスの影響で中止となり、3年ぶりの開催となったこの大会には、県内36の高校から合わせて491人の生徒がエントリーした。

生徒たちは新潟市内を歩いて回り、ロケーションを探す。

生徒:
小学生のときに来たときと、だいぶ変わっている。すごく雰囲気が明るくなった。地元の良さを再発見できる機会になって、すごく楽しい

撮影をきっかけに地域の魅力再発見

また、小物を用意する生徒の狙いは…

ビニール傘を持参した高校

生徒:
光が反射して、とてもきれいなので用意した

ビニール傘を利用して、芸術的な作品を狙う。

最初で最後の夏迎え…後輩との大切な思い出に

スマートフォンで手軽に撮影できる今、高校生たちが一眼レフを手にするワケとは?

生徒:
スマホで撮るのと、カメラでちゃんと撮るのでは全然違う。カメラのほうが思いが伝わると思う

生徒達のシャッターには思いが込められていた。また…

長岡高校 写真部 3年 笹原知優 部長:
話しながら撮影するというのは1人で撮影に行くのと違って、コミュニケーションもとれて、すごく楽しい

長岡高校 写真部 3年 笹原知優 部長

こう話すのは、2年間大会が中止となり、最初で最後の夏に臨む3年生。構図の作り方などを後輩に教えながら作品作りに没頭していた。

長岡高校 写真部 3年 笹原知優 部長:
この写真部で、この大会が一番思い出深い。絶対心に残ると思う

長岡高校 写真部撮影
長岡高校 写真部撮影

後輩たちとの撮影はかけがえのない経験となったようだ。

新潟県高校文化連盟 写真専門部 森口昭一 委員長:
自分たちだけじゃない、みんなで日々活動している、同じ目標で活動しているというのを、みんなで共感してもらえたらありがたい

新潟県高校文化連盟 写真専門部 森口昭一 委員長

(NST新潟総合テレビ)

記事 774 NST新潟総合テレビ

新潟の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

新潟県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
平野歩夢選手“新技”への挑戦も明言「4年あれば…」初の県民栄誉賞「特別賞」受賞【新潟発】

平野歩夢選手“新技”への挑戦も明言「4年あれば…」初の県民栄誉賞「特別賞」受賞【新潟発】

FNNピックアップの他の記事

伝統文化”刺しゅう”で…アフガニスタン女性の生活支えたい 市…

伝統文化”刺しゅう”で…アフガニスタン女性の生活支えたい 市…

社会
3年ぶりに復活「長岡まつり大花火大会」 観客へ感謝の“サプラ…

3年ぶりに復活「長岡まつり大花火大会」 観客へ感謝の“サプラ…

都道府県
「怖い…」クマが住宅街で座り込む…相次ぐ目撃情報 急増の背景…

「怖い…」クマが住宅街で座り込む…相次ぐ目撃情報 急増の背景…

ライフ
“日韓トンネル”工事停滞も福岡で推進の動き 九大元総長を直撃…

“日韓トンネル”工事停滞も福岡で推進の動き 九大元総長を直撃…

社会
総工費10兆円の「日韓トンネル」 旧統一教会総裁が過去に視察……

総工費10兆円の「日韓トンネル」 旧統一教会総裁が過去に視察……

社会
“あの日”の記憶ない児童らに…死亡・不明1000人以上の被災市長…

“あの日”の記憶ない児童らに…死亡・不明1000人以上の被災市長…

ライフ
一覧ページへ
×