2022年4月、約10年間にわたり日本体操界のトップを走り続けてきた寺本明日香さんが引退した。選手としての第一線からは退いたが、これからは日の丸を背負う後輩たちを世界と戦える選手にしたいと、次なる目標に向け走り出している。

キャプテンとしてリオ五輪で団体4位入賞 長く日本体操界をけん引

この記事の画像(18枚)

日本体操界のトップに立ち続けてきた寺本明日香さん(26)は、4月に行われた全日本選手権を最後に現役を引退した。

名古屋市西区にある寺本さんが拠点としていた体操クラブ「レジックスポーツ」で、今の心境を聞いた。

寺本明日香さん:
(引退して)時間が有り余りすぎて「こんなんでいいのかな?」って思ったりするけど、20年も頑張ってきたし、1年くらいはいいかなって

ストイックなアスリート生活から解放され、体にも少し変化があったようで…。

寺本明日香さん:
(現役時代は)ゆで卵か納豆か、バナナしかとらなかったので。コンビニで何を選んでいいのかわからない。「からあげクン」がめっちゃおいしかった。シンプルに太った

1995年生まれ、愛知県小牧市出身の寺本さんは、小学1年生のときに体操を始めた。家の近所で遊んでいた鉄棒がきっかけだった。

才能は瞬く間に開花。転機は2012年に初めて出場したロンドン五輪で、ケガで欠場した選手の代役だったが、完璧な演技を魅せて一躍、日本のトップ選手に仲間入りした。

キャプテンとして出場した2016年のリオ五輪では、団体48年ぶりの4位入賞とチームを引っ張った。

演技を受け止めてきた両足が限界に…大ケガで東京五輪出場を断念

しかし、東京五輪の前に左足アキレス腱断裂の大ケガを負い、出場はかなわなかった。

寺本明日香さん(2021年5月):
みんなには「惜しかったね」とか「残念だったね」とか言われるけど、オリンピックでメダルを取れる(状態)かというと、そこまで戻っていない。10年間トップでいたから、いろんな思いがあった

引退のきっかけにもなったのは、度重なるケガ。右足には今も大きな古傷が残っている。

寺本明日香さん:
痛すぎてパンプスが履けなくて。アキレス腱切る前は、ここ(右足)が全部痛くて。かばってやっていたら、こっち(左足のアキレス腱)切って…。もう終わりっていうか、限界だなって

身長142センチと体操選手の中でも、ひときわ小柄な体格。何百、何千、何万回と繰り返した演技のすべてを受け止めてきた両足が、限界を迎えていた。

寺本明日香さん:
焦りが一番苦しい。苦しいとか、しんどいとかは乗り越えられるけど、焦りってオーバーワークになって、自分が気付いてないうちに心が壊れちゃうので。それが一番怖かった

後輩たちにつなぐ思い 女子体操界が迎える“世代交代”のとき

2022年4月、後輩たちに引退の挨拶をするために、寺本さんはレジックスポーツを訪れた。これまでお世話になったコーチや後輩たちを前に、感謝の思いが溢れる。

寺本明日香さん:
20年近くやってきて、色んなこともあったし、坂本先生とケンカしたこともあったし、そこで泣きながら「辞めたい!」って叫んだこともあった

寺本明日香さん:
レジックスポーツの仲間やコーチたちのおかげで、ここまで成績を残せた。感謝だけでは言い表せない。恥ずかしくて感謝の気持ちが言えないときもあったけど、改めて本当にありがとうございます

そして、寺本さんが現役を退いた今、女子体操界は“世代交代”のときを迎えた。

寺本明日香さん:
みんなはこれからの選手だし、これから成績を出していかないといけない。私が一緒に練習して、皆さんに刺激を受けてもらう仕事は東京オリンピックで終わり。みんなで強くなるのを頑張って欲しい

後輩の中には、寺本さんが引退した4月の全日本選手権で初優勝を果たした笠原有彩(かさはら・ありさ)選手(17)の姿もあった。

寺本明日香さん:
やっぱり将来はトップを引っ張っていかないといけない存在になると思うので、何か困ったことがあれば気軽に相談してください

笠原有彩選手:
東京オリンピックが終わって世代交代になって、自分の代が日本を引っ張っていかないといけない存在になると思うので、そこは明日香ちゃんを見習ってやっていきたい

「自分の軸を持って」次なる目標は世界で戦える選手の育成

そんな寺本さんが後輩たちに望むことは…。

寺本明日香さん:
ちょっと辛口にはなるけど、(世界で戦える選手は)いないなと。単純に技術的にいうと、Dスコア(技の難度)が低いし。がめつさというか、わがままじゃないけど、自分の軸を持った選手が何人かほしい

世界と肩を並べて戦える選手は“いない”と断言。

寺本明日香さん:
オリンピックに出るためにどういう練習、生活をしたらいいか。細かいところまでしっかり計画して、「これをするために、これをやらなきゃいけない」とまで考えないと、絶対たどり着かない

そして、将来は…。

寺本明日香さん:
長い目で10年後とかを見据えたときに、日本代表のチームに関われる指導者に

女子体操界を世界の頂点へ…。これからは、20年間お世話になった体操へ“恩返し”だ。

寺本明日香さん:
私はどちらかというと悩んでいる、苦しんでいる選手に寄り添う方が得意なので、そういう手助けをしていきたい。日本代表で関わるってなると緊張感も必要なので、その担当は村上茉愛かもしれないですけど。ピシっと、ガツンみたいな

2021年10月に引退し、これまで一緒に日の丸を背負ってきた村上茉愛(まい)さん(25)と、日本代表を支えることを夢見ている。

寺本明日香さん:
将来、私たちがやっていかなきゃいけない。指導とかアドバイスとか、私しかできないこともあるだろうし、きっとみんなが求めているものだと思うので

世界と肩を並べて戦える選手を育てる。寺本さんの次なる挑戦が始まっていた。

(東海テレビ)

記事 2100 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。