愛知県豊田市の矢作川で5月5日、19歳の男性が川に流され死亡した。
愛知県と岐阜県には水難事故が多発する地点が12か所もあり、特に「長良川」は全国で最も水難事故の発生件数が多い川となっている。

BBQの男性が溺れて死亡… 大人の水難事故死者数は増加傾向

5月5日 矢作川(愛知県豊田市)で19歳男性が溺れて死亡した
この記事の画像(6枚)

5月5日、愛知県豊田市の矢作川で「友人が溺れた」などと警察に通報があった。溺れたのは19歳の男性で、通報から約2時間半後に川底に沈んでいるのが見つかり、死亡が確認された。
当時、同級生らと河原でバーベキューをしていて、男性2人が川に入り、うち一人が溺れたという。現場付近には「流れが速くなることがあるので泳がないでください」と書かれた看板が設置されていた。

水難事故の中で、河川や湖での事故による全国の死者数の推移を見てみると、2004年は312人、2020年は288人と、15年以上ほぼ横ばい。ただ、そのうち子供の死者数は54人から19人と減少している。

河川財団によると、子供のライフジャケットの着用が定着してきたことで事故が減っているのではないか、ということだ。ただ、大人の死者数はむしろ増加傾向にあり、「川に入るときは大人もライフジャケットを着用してほしい。川全体の特徴や流れの速さ・深さをしっかりと把握した上で、遊ぶ場所を決めてほしい」と話していた。

河川(湖・池など)による全国の死者数の推移(警察庁)

全国の水難事故「多発地点」約1/3が愛知と岐阜に…

全国で起こる水難事故には「多発地点」がいくつかある。過去10年間に同じ場所で死亡事故が3件以上発生した地点が全国に38か所あるが、木曽三川を中心に、愛知と岐阜だけで12か所あり、全国の3分の1近くを占めている。

岐阜県は水資源が豊かだということに加え、名古屋などの都市圏からのアクセスも良いため、たくさんの人が訪れ、事故が起きる確率が高いという。特に「長良川」は、全国で最も水難事故の発生件数が多い川だ。

川に流されたらどうすればいい?救急隊到着までいかに浮くか

もし流されてしまったときはどうすればよいか。岐阜県を中心に、川の見守りや救助活動をしている「川に学ぶ体験活動協議会」の北川健司さんに留意点を聞いた。

まず、流された人は「大声を出さない」こと。声を出すことで肺の空気が出てしまい、体が沈みやすくなってしまうからだ。流されたときは、浮くことに集中してほしいとのこと。

流された人を発見した時は、ペットボトルや袋菓子をビニール袋に入れて口をしっかり縛ったものを投げると、臨時の浮き袋として使える。救助隊が到着するまでに、いかに浮いたままで時間を稼ぐかが生死をわけるという。

また、川に入る時は必ず大人もライフジャケットを着用することが重要だと、北川さんも話していた。

(東海テレビ)

記事 2121 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。