アメリカ・メジャーリーグ「メッツ」の試合でニューヨーク総領事が始球式を行えなかった問題で、メッツの社長が総領事に直接謝罪しました。

この問題は5月13日、ニューヨーク・メッツ対シアトル・マリナーズの試合で森美樹夫ニューヨーク総領事が始球式を行うためにマウンド近づいたものの、すでに投手が投球練習を始めていて、行えなかったものです。

球団や総領事館によりますと、メッツのアルダーソン社長は24日、総領事館を訪れ、森総領事らと直接面会しました。

 左:佐藤貢司ニューヨーク日系人会会長 中:サンディー・アルダーソン・ニューヨーク・メッツ社長 右:森美樹夫総領事 在ニューヨーク日本国総領事館提供
この記事の画像(3枚)

その中で、アルダーソン社長はトラブルについて「関係者間のコミュニケーション不足によるものだった」と説明した上で、「関係者一同、心からおわび申し上げます」と謝罪しました。

さらに「二度とあのようなことが起きないよう、始球式を行う場合の手順を根本から見直す」と述べ、再発防止策をとることを約束したということです。

また今シーズン中に、日本への野球伝来150周年を祝うイベントを球場で行うことに合意し、今後も野球を通じた日米の友好関係を強化していくとしています。

在ニューヨーク日本国総領事館提供
国際取材部
国際取材部

世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。

記事 447