国民民主党「給料を上げる」 消費税5%に現金10万円給付…参院選の公約発表

国民民主党「給料を上げる」 消費税5%に現金10万円給付…参院選の公約発表

国民民主党は20日、夏の参院選の公約を発表した。「給料を上げる。国を守る。」と題し、時限的な消費税率5%への減税、「インフレ手当」一律10万円給付などを盛り込んでいる。公約は、玉木雄一郎代表が記者会見して発表した。

公約は、「給料が上がる経済」「積極財政」「人づくり」「自分の国は自分で守る」「正直な政治」が5本柱。

消費税率の時限的な10%から5%への減税や、トリガー条項の凍結解除によるガソリン税の減税を打ち出している。さらに、物価高騰を受け「インフレ手当」として一律10万円の現金給付を行うとした。

給料については、最低賃金を引き上げ、「全国どこでも時給1150円以上」を実現するとした。

また、原発について、法令の安全基準を満たした原発を再稼働する他、次世代炉への建て替えを行うとした。

安全保障では、「自衛のための打撃力(反撃力)」を整備するとして、必要な防衛費を増額するとしている。

玉木氏は会見で「とにかく給料が上がる経済、真面目に頑張れば報われる社会を実現する」と強調した。

政治部
政治部


総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。

記事 1007
参院選2022特設ページへ >>>
×