タマネギの記録的な高騰が続く中、大量のタマネギを格安で入手できる「タマネギ収穫ツアー」が盛況。話題のツアーを取材した。

値段は平年の2倍超 ”タマネギショック”

5月18日、都内のスーパーを訪ねると、タマネギが1袋に3~4個入って270円(税込み)で売られていた。このスーパーでは、半年前よりもタマネギが大きく値上がっているという。

この記事の画像(9枚)

スーパーイズミ 五味衛社長:
もう倍どころじゃない。3倍くらいになっちゃってる。2021年の今頃は、安くて100円で売っていたりした。本当なら税抜き298円で売りたい商品。値段が下がるのを待っています。

17日に発表されたタマネギの小売価格は、1kg581円と平年の2倍を超える記録的な値段に。タマネギの産地である北海道や佐賀県で天候が悪かったことが影響し、「タマネギショック」が起きている。

買い物客からは、「買えないですよ。何とかなりませんかね」「子供がほかの野菜よりタマネギを食べてくれるので、仕方ないと思って買います」などの声が聞かれた。

新鮮タマネギを大量に…参加者「最高!」

こうした中、タマネギの名産地で知られる千葉県白子町には多くの人が集まってきた。畑の真横に停車した大型の観光バスからは、続々と女性たちが降りてくる。

人数は約40人。その目的は「たまねぎ狩りツアー」だ。

白子町では毎年この時期に開催されていて、今年はタマネギ価格の高騰で予約が殺到。例年に比べて20日も早く予約が埋まったという。

値段は10kgで1200円。1kg3個から4個とすると、1個あたり約40円の計算だ。肉厚で甘みがある白子産のタマネギが格安で、しかも大量に手に入るとあって客も大喜び。

女性:
4個取った!これはいいお土産です。

女性:
最高だよね。楽しみにしていたから。新鮮だしね。

女性:
タマネギは毎日食べてるんです。値段が高くても我慢して食べていましたけど、今日からは思いっきり、朝昼晩全部いただきたいと思います。

この農家には、タマネギ狩りに訪れる客は例年約300人。しかし、今年は1000人以上が訪れる見込みという。

細谷農園 細谷啓子さん:
手に取ってもらいやすい価格になるのが大切なことだと思いますし、適正価格で販売していけたらなと思います。

タマネギ収穫ツアーを開催した農家は、今は店で売ればもっと高く売れるが、お客さんが喜ぶので今後も続けていきたいと話している。

(「イット!」5月18日放送)

イット!
イット!
メディア
記事 1730