南太平洋をめぐるアメリカと中国の勢力争いが激しくなっている。

中国と安全保障協定に署名したソロモン諸島に対してアメリカは、軍事拠点化の動きがあれば「相応の対応をする」と強く牽制した。

ホワイトハウスは22日、NSC=国家安全保障会議のキャンベル調整官らがソロモン諸島を訪問し、ソガバレ首相に対して「中国と結んだ協定が地域の安全保障に影響を与える可能性がある」と懸念を直接伝えたことを明らかにした。

また、もし中国の軍事施設などを作る動きがあればアメリカは「相応の対応する」と牽制した。

これに対しソガバレ首相は「軍事基地が存在することはない」と改めて確約したとしている。

中国がソロモンに軍事拠点を持てば、オーストラリアがアメリカとイギリスから技術供与を受けて配備する原子力潜水艦の動向を監視しやすくなる。

記事 526 国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。