国旗の青と黄色は「青空」と「小麦」…はじめは何も知らない国だったが

この記事の画像(13枚)

ウクライナへのロシア侵攻で避難民は170万人を超えたが、愛知・西尾市の旧幡豆町の人たちはとりわけ現地の様子を心配している。町の人たちには、17年前の「愛・地球博」のフレンドシップ事業を通じてウクライナとの絆があった。

依然、ロシアの砲撃がやまないウクライナ。遠く離れた日本で強く平和を願う町がある。
西尾市南東部の旧幡豆町。

旧幡豆町企画課元職員の中根孝典さん:
これが当時の公式ポスターです。いまだに家にあります

当時、幡豆町企画課の職員だった中根孝典さん(64)。

中根孝典さん:
ウクライナの方とも交流ありました。「フレンドシップ事業」で当時の幡豆町の方と、踊りやバレエとか食文化を通して交流していただきました

ウクライナとの交流のきっかけは、2005年の「愛・地球博」。
「一市町村一国フレンドシップ事業」で、それぞれの市町村が参加する国とペアになって海外からのゲストをもてなして交流した。

幡豆町は、ウクライナとパートナーになった。

当時の大統領は、「オレンジ革命」でロシア寄りの候補を引きずりおろしたばかりのユシチェンコ氏だった。

旧幡豆町の嶋崎佐津枝さん(84)。ウクライナがパートナー国になったときの気持ちは…

嶋崎佐津枝さん:
全く知らなかったので、恥ずかしいですけれども…

最初は全く知らなかったというウクライナ。万博をきっかけに、幡豆町にウクライナ・ハリコフのバレエ団を招いたり、一緒に盆踊りをしたりするなどして交流を深めた。

嶋崎佐津枝さん:
この(ウクライナの)国旗の色、これ青空ですよね。下は何かなと思っていたら小麦だそうです。「そうか、小麦か」と

万博の2年後の2007年には嶋崎さんたちがウクライナを訪れ、子どもたちに日本の折り紙などを教えた。

嶋崎佐津枝さん:
折り紙は新聞紙を持ってきまして、こういうものを作って

旧幡豆町の山本洋子さん:
日本語は通じないので、ここがスタート、「次はここ!」と(身振り手振りで)教えてあげて、一緒に完成させた。みんなすごく喜んで、できた子は被っていました

現地ではウクライナのバレエや民族舞踊を鑑賞したり、日本の炭坑節などの踊りを披露したり。

山本洋子さん:
炭坑節も、みんなに説明するときは「掘って掘ってまた掘って」「担いで担いで」って言いながら踊るんですけど、それを現地でもついつい出ちゃうんですよね。それで(ウクライナの)子供達が覚えちゃって、「掘って掘って」って一緒に声出してくれて

言葉は違っても、歌や踊りを通して心を通わせてきた嶋崎さんたち。ロシアのウクライナ侵攻については…

嶋崎佐津枝さん:
他の国が戦争やっていても「ふーん」で終わっちゃうんですけど、あの子たちが苦しんでいるかと思うと、なんとかできないのかな。みんな人間なのに、あんな不幸になってかわいそうになと思いますけどね。本当にもう言葉ではちょっと表せない

(東海テレビ)

記事 2424 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。