5歳~11歳の子どもを対象とした、新型コロナウイルスのワクチン接種が、きょう都内で初めて行われた。

5歳から11歳を対象としたワクチン接種が始まったのは東京・足立区。区内に住む兄弟らが、午後2時半前、会場の診療所を訪れて、ワクチン接種を受けた。

この記事の画像(4枚)

接種されるのは米・製薬大手ファイザーの子ども用ワクチンで、きのう、東京都から都内の各自治体に配布されていた。このワクチンは、先月、厚生労働省に特例承認されたもので、有効成分の量は12歳以上のものと比べて3分の1。3週間の間隔をあけて2回接種を受ける。

ファイザーによると、5~11歳を対象とした海外の臨床試験では、90.7%の有効性が確認されたという。12歳以上と同様に、無料で受けられる「臨時接種」と位置づけられ、接種には、保護者の同意と立ち会いが必要。

きょうワクチン接種を受けた男の子は、取材に対して「痛くなかった。元気にドッチボールしたい」と話していた。一方、母親は「基礎疾患があるので早く打てて良かったと思いました」と安堵の思いを語った。

5~11歳を対象としたワクチン接種をめぐっては、オミクロン株に対する子どもの発症予防効果などのデータが十分ではないことから、保護者などに接種への協力を求める「努力義務」は課されなかった。

東京都によると、都内に住む5歳から11歳はおよそ75万人。その8割に当たるおよそ60万人分のワクチンが、4月25日の週までに、都内の自治体にに届く予定だという。

記事 1246 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。