秋田県出身者として初めて総理大臣を務めたあの人のふるさと・湯沢市。そこで人気を集める返礼品を紹介。全国唯一の方法でつくられた、体にも自然にも優しい乳製品。

出身地などの自治体に寄付することで、税金の控除が受けられる「ふるさと納税」。人気の秘密は、「返礼品」としてその土地ならではのグルメや文化が楽しめること。
実はこの仕組みを作ったのは、秋田県出身の菅義偉前首相。

菅義偉前首相:
「地方のために何かやりたい」という1つのツールとして、ふるさと納税を掲げてやってきた

この記事の画像(14枚)

菅前首相のふるさとは秋田・湯沢市。日本三大うどんのひとつ「稲庭うどん」や、雪像が立ち並ぶ「犬っこまつり」などを目当てに、毎年多くの観光客が訪れる。

犬っこまつりの様子

その湯沢市にもいま人気の返礼品が。それが、こちらのジェラートとヨーグルト。作っているのは、地元の栗駒フーズ。

栗駒フーズヨーグルトマイスター・井上幸子さん:
ここでは全国で唯一、ちょっと変わった製法で乳製品を作っているんですよ

その製法とは…?

低温殺菌・清掃に温泉水を活用

佐藤愛純アナウンサー:
岩肌から湯気が立ち上っています。栗駒フーズでは、この地熱を使って商品を作っているんです

栗駒フーズがあるのは、「小安峡温泉」の一角。市内には24の温泉宿のほか、複数の地熱発電所があり、「地熱のまち」としても知られている。

栗駒フーズはこの温泉水を活用。ジェラートやヨーグルトの原料となる地元の牧場でとれた牛乳は、温泉水の熱を利用し、通常より低い温度で時間をかけて殺菌する。

より生乳に近い味わいが楽しめる上、アレルギー反応が出にくいとも言われている。

その味は?佐藤愛純アナウンサーが人気のジェラートをいただいてみると…

佐藤愛純アナウンサー:
濃厚。濃厚なんですけど、後味はさっぱりしています。くちどけも滑らかで、まるで牛乳を飲んでいるかのようなコクがあります。おいしいです

優しい味わいを生み出す自然のエネルギー。役割はこれだけではない。

佐藤愛純アナウンサー:
井上さん、ここにも温泉水って書いてありますね

栗駒フーズヨーグルトマイスター・井上幸子さん:
そうですね。この温泉水を利用して、工場内では部品とか機械を洗っています

また、工場の周辺は雪深い豪雪地帯。温泉水で雪を溶かすなど、あらゆるところで地熱を活用している。商品も、そしてそれを作る工場も地球にやさしい。

さらに生産物にも地元のこだわりを

栗駒フーズヨーグルトマイスター・井上幸子さん:
小さい工場だからこそできるヨーグルトを作るということで、地元の生産物を利用したヨーグルト

菅前首相が生まれ育った秋ノ宮地区でとれたイチゴを使ったヨーグルトも人気商品のひとつ。

栗駒フーズのセットは、地元の食材を使ったものを中心に味のバリエーションが豊かで、さまざまな表情を楽しむことができる。寄付額が5,000円からという手軽さも魅力のひとつで、栗駒フーズにはこれまでに10,819件の寄付(2021年11月時点)があった。

栗駒フーズヨーグルトマイスター・井上幸子さん:
いろいろな方がおいしいと言って、1回だけじゃなく毎年予約してくれている方もいらっしゃる。本当に牛乳だ!という、草原が広がるような感じを味わっていただきたいなと思います

(秋田テレビ)

秋田テレビ
秋田テレビ
記事 222