秋の景色満喫…ロープウェイから紅葉を見下ろしながらの空中散歩

この記事の画像(16枚)

バスツアーは新型コロナの影響で一時中断されていたが、緊急事態宣言が解除され本格的に再開した。秋の味覚の王様“松茸の食べ放題ランチ“に、今が旬の“りんご狩り”など…。秋満喫のバスツアーに、待ちに待った参加者からは笑顔がこぼれた。

10月24日 日曜日。名古屋駅にやってきたのは、「名阪近鉄旅行カッコーパルック」の日帰りツアーのツアーバスだ。

参加者の女性A:
2年ぶりくらい、すごく楽しみにしています

参加者の女性B:
久々に来ました。お天気もよくて本当によかったです

緊急事態宣言が解除され、10月から旅行会社がツアーを本格的に再開した。

午前8時20分。バスは、目的地の長野県を目指し中央自動車道へ。ツアーは再開したが、コロナ対策のため車内はマスク着用。お酒や食事は禁止だ。

最初の立ち寄り先は、秋の景色が満喫できる長野・阿智村の「ヘブンスそのはら」。ロープウェイに乗って約15分、紅葉を見下ろしながらの空中散歩。

参加者の女性C:
キレイやね。出かけることが久しぶりなので、子供たちも楽しみにしていた

山肌に沿って進むロープウェイ。目の前にはいよいよ色づいてきた木々。こちらの紅葉は11月中頃まで楽しめる。ロープウェイを降りると、そこは標高1400メートルの高原。子供たちは大はしゃぎだ。

参加者の女性D:
あんなテンションなかなか無いですね、家では。うれしいですね、楽しんでもらえれば

参加者の男性A:
旅行らしい旅行を全くしていなかったので…。久しぶりですね、外に出るのが

みなさん、堂々と遠出ができるのが嬉しいようだ。

ヘブンスそのはらの担当者:
山に上がって、一時マスクを外して思いっきり深呼吸していただくと、気分的には違うかなと思います

「今年の初松茸、いい香り」…“松茸入り牛すき焼き”など7種類食べ放題

高原を後にしたバスは、駒ケ根市の精肉店直営レストラン「ビアンデさくら亭」へ。レストランは緊急事態宣言中は休業していたが、感染症対策を徹底し、収容人数を制限して営業を再開していた。

一行を待ち受けていたのは、秋の味覚の王様“松茸”。「焼き松茸」に、「松茸ごはん」、メインの「松茸入り牛すき焼き」など、7種類の松茸料理が食べ放題だ。

参加者の女性E:
いい香りです。今年の初松茸

参加者の女性F:
コシコシして。香りもふわーっとして、幸せです

おいしさと嬉しさで満面の笑顔。秋の味覚の王様をお腹いっぱい堪能していた。

レストランの総支配人:
ツアーの常連さんで、「1年ぶりに来た」と言ってもらえると、正直うれしいですね

まだコロナ前の売上には程遠いが、総支配人も久しぶりのお客さんの笑顔に嬉しそうだ。

「みずみずしくておいしい」…食べ放題の”りんご狩り“も1年半ぶりに再開

バスはのどかな風景の中をさらに進んでいく。
昼食の後は、信州のこの時期のスイーツ「栗」だ。「信州 里の菓工房」では、「栗きんとん」に「栗のどら焼き」など、地元のブランド栗を使ったお菓子を製造販売している。

買い物を終えたら、旅の目玉の一つ「りんご狩り」が楽しめる「マルダイ大場農園」へ。広い園内では、「サンふじ」や「王林」など10種類のリンゴが栽培されている。

オススメは、地元・長野生まれの「シナノスイート」。歯触りがシャキシャキで、甘みがしっかりしているのが特徴。とったリンゴは、その場で食べることができ、食べ放題。

参加者の子供:
甘い、みずみずしくておいしい

参加者の男性B:
リンゴの味が強いので、甘すぎもなくて、結構食べられそうですね

これまでも人気の立ち寄り先だったこの農園も、1年半ぶりに再開した。

マルダイ大場農園の担当者:
農園として活気づく。たくさんのお客さんに来ていただいて味を知っていただいて、お土産として買っていただければ嬉しいですよね。久しぶりでまた頑張らなきゃいけないなと思います

午後6時。ツアーバスは名古屋駅へと戻って来た。

参加者の女性G:
とっても解放されて、コロナから。とっても楽しかったです。癒されました、心が

参加者の女性H:
最初は躊躇していたんですけど、楽しく行けてよかったなと思いました

安全に配慮しながら再開したバスツアー。久しぶりの旅に、参加者からは笑顔がこぼれていた。

(東海テレビ)