東京五輪・男子ゴルフは第3ラウンドを終え松山英樹選手(29)がトップと1打差の単独2位で、あすの最終日を迎える。この日の松山はスコアを4つ伸ばし、トータル13アンダーとした。

ホールアウト後のインタビューでは「いい位置で3日間きたので、あす自分のできることを
やった結果が(金メダルに)つながればいい」と語った。
 

中断していた2日目の残り2ホールから始まった松山。
注目の第3ラウンドを単独3位で迎えた。

出だしの1番でいきなりボギーを叩いたが、続く2番。

この記事の画像(4枚)

早速のバウンスバックですぐにスコアを戻した。

松山は3番でもバーディーを奪うと6番の第2打。

ON【実況/さあ来た。おおっとぉぉぉ。入ればイーグルでしたが、バーディーは取ることが出来そうです。】

この日は前半だけで4バーディー。

さらに17番、第2打のバンカーショットは…

ON【実況/あとは傾斜。寄ってきている。しかも手前だ。さあチャンスに付けました。】

トップと1打差の単独2位で明日の最終日、逆転優勝、そして悲願の金メダルを狙う。

トップは14アンダーのザンダー・シャウフェレ選手(米)。