島根県内最小となる、わずか316グラムで生まれた隠岐の島町に住む女の子。4月の小学校入学時にお伝えし、大きな反響があった。

あれから2カ月。小さく生まれたハンデを背負いながらも、元気に成長する姿を追った。

小学校入学で友達と和気あいあい

島根県隠岐の島町に住む高井結葵ちゃん(6)。

高井結葵ちゃん(6)
この記事の画像(11枚)

4月に西郷小学校に入学した1年生。そんな結葵ちゃんは2014年10月14日、島根県内で最も小さいわずか316グラムで生まれた。

母・高井久美さん:
「最初の3日が山だ」と担当医から言われて。致死率が60%…だからどうなるか分からないよ、という状態だった。

生後5日の結葵ちゃん

離島からドクターヘリで搬送。通常より3カ月も早く生まれた赤ちゃんは、小さな手首への点滴、母乳はチューブで口へ運ばれ、命の危機を乗り越えた。

よく食べ、よく遊び、6歳になった結葵ちゃん。

現在の身長は117cm、体重は24kg。周りの同級生と変わらないまでに成長した。

結葵ちゃんの担任:
学校生活の流れにもしっかり慣れて、楽しく過ごしている。保育園が一緒だったお友達は、よく(結葵ちゃんを)助けている。ほかの保育園から来た子たちともすっかり仲良くなっている。

担任の先生は「楽しく過ごしている」と話す

学校のあとは学童へ。

友達:
わたしはエビがすきです。

結葵ちゃん:
わたしはこの中できらいなやつがある。

友達:
おれ、カニがすき!

結葵ちゃん:
えー、ゆうちゃんぜんぶきらい!イルカはかわいいからすきだけど。

ここでも友達と和気あいあい、宿題を済ませる。

「未熟児網膜症」により弱視のハンデも

結葵ちゃんは目に少しハンデがある。出生時の体重が1500グラム未満の未熟児が約6割発症する「未熟児網膜症」。

生後4カ月 網膜治療の様子

現在、視力は眼鏡をかけても左が0.3、右は0.6の弱視で、これ以上視力が悪化しないよう治療を続けている。

階段など段差が少し苦手で、原因ははっきりわかっていない。でも、好奇心には勝てない。遊具の高いところでもすいすい上へ登っていく。

“しっかり者”の結葵ちゃん 弟とも仲良し

結葵ちゃんのマイブームは、今は絵を描くこと。

弟の隆聖ちゃんにリクエストされ、アイス屋さんとショベルカーを描いてあげる結葵ちゃん。立派に“お姉ちゃん”をしている。

父・高井健一さん:
保育園に通っていた時から比べると、ちょっとしっかりしてきた。

母・高井久美さん:
しっかり自分のことをするようになったかな。帰ってきて、宿題のチェックとあすの準備と。

入学して2カ月。友達や先生、周囲のサポートを受けながら少しづつ変わっていく。

そんな結葵ちゃんの将来の夢だが、4月に聞いたときは「警察官」だった。

しかし、5月に聞いた将来の夢は?

結葵ちゃん:
えっとね… アイドルと警察官

夢が増えた結葵ちゃん

警察官に加え、アイドルも。1つ夢が増えていた。

離島で紡がれた小さな命。一歩ずつ成長は続く。

(TSKさんいん中央テレビ)