「夜空に咲く花」 ツイッターに寄せられた希望の言葉も載せて…

この記事の画像(9枚)

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、2021年も我慢のゴールデンウィークとなった。少しでも明るい気持ちになってもらいたいと、打ち上げ場所を明かさない「サプライズ花火」が行われた。

しかもそれは毎日、全国のどこかで…。その名も花火駅伝だ。

同じ日の同じ時刻に夜空を彩る花火。その花火玉には人々の思いも託されていた。

コロナ禍の中で迎えたゴールデンウィーク。人が集まらないように場所を非公開にして花火が打ち上げられた。その名も「花火駅伝」。北は北海道から南は沖縄まで、全国のどこかで毎日夜空を明るく照らした。

花火業者が協力して実現した花火駅伝。呼びかけたのは愛知・西尾市の花火メーカー「若松屋」の葛西喬介さんだ。

葛西さん:
4月29日から5月5日の7日間、毎日花火で笑顔を繋げていけたらいいなということで「花火駅伝」とさせていただきました

人が密になる花火大会は、2020年から各地で中止が相次ぎ、その状況はこのゴールデンウィークも変わりない。

少しでも世の中を明るくしたい…。そう思うのは花火師だけではない。花火玉に貼られたのはツイッターのつぶやきだ。

<花火玉に貼られたつぶやき>
「来年は全世界の皆が、マスク越しじゃない飾りの無い笑顔で笑い合えますように」
「コロナ禍で出産は1人ですることになるけど、元気でかわいい赤ちゃんが産まれますように」

ツイッターで寄せられたコロナ禍の中での願いも、一緒に夜空に打ち上げる。

向かったのは愛知・半田市。

葛西さん:
花火大会のワンシーンを切り取ったようなものを、10分程度になってしまうんですけどお届けできるので、花火大会感を感じてもらえると嬉しいです

どこで打ち上げるかは内緒の花火駅伝。その様子はインターネットでライブ配信される。

夜の帳が下りていよいよ打ち上げだ。夜空を彩る大輪の花火。同じ時間に、いろんな場所で…。突然の花火に気が付いた人たちが、車を止めて夜空を見上げた。

花火を見た女性:
とても素敵でした

花火を見た男性:
こういうご時世の中でやっていただいてありがたいです

花火を見た子供:
めっちゃ楽しかったし、うれしかったし、すごかった

葛西さん:
こういった形で皆さんに笑顔を届けられれば、本当に本望だと思います

コロナ禍の中のゴールデンウィーク。花火のリレーが日本のどこかの夜空を彩った。

(東海テレビ)