温室効果ガスの削減目標46%を表明した。

菅総理大臣はさきほど政府の地球温暖化対策推進本部で、温室効果ガスの2030年度の削減目標について、2013年度と比較して46%削減すると表明した。

菅総理は去年10月、日本の温室効果ガスを2050年に「実質ゼロ」にすると宣言していた。そして、2030年度の削減目標の見直しを進めてきたが、菅総理は22日、2030年度の削減目標を現在の26%から46%への引き上げると表明し、「50%の高みに向けて挑戦を続けていく」と述べた。

22日夜、アメリカのバイデン大統領が主催する気候変動サミットで正式に表明する見通し。