留学生に月額1万円でランチ食べ放題を提供…外国人を支援するネパール料理店の店主

海外からの多くの留学生が今、日本で勉強に励み、そして就職し、この国を支えてくれている。名古屋の大須には、異国の地で不安を抱える留学生を支援する男性がいる。

銀行振込や郵便物など生活の些細な事から、アルバイトや就職まで。彼らの様々な相談に応じる「何でも屋」の男性の元には、多くの留学生たちが集まってくる。

この記事の画像(26枚)

名古屋市中区の下町・大須。三田村幸雄さん(42)は、ネパール料理店「サードプレイス」を経営しながら、留学生を中心に外国人を支援している。

店で人気のランチは、豆のスープがセットになったネパールの家庭料理「カナセット」(500円税抜)。

ネパール人の留学生:
(来るのは)1週間に、1週間くらい。毎日

客の多くはネパールからの留学生で、1コインで故郷の味をお腹いっぱい堪能できる。この男性は、会計の際に1枚のカードを見せた。

別の留学生:
メシのカードです。これ見せたら、現金いらない

この店が行っている、留学生限定のサブスクリプションサービス(月額1万円)。このカードがあれば、毎日ランチが食べ放題だ。

1人1人の悩みにも真摯に耳を傾ける…ネパール人留学生を助ける「何でも屋」

留学生たちが三田村さんの店に来るのは、ランチタイムだけではない。1人の留学生がやってきた。

ネパール料理店「サードプレイス」三田村幸雄さん:
どう?手は。電話あった?言わないと会社って動かないから

この留学生はアルバイト先の野菜工場で、カートで指を挟みケガをしていた。来日したばかりで医療費が払えないこの留学生のために、三田村さんが立て替えてあげた。三田村さんは、こうして1つ1つ留学生の悩みに対応している。

三田村さん:
頼ってきてくれている以上は、そうせざるを得ないんですよね。彼らができないことは何でもやらないと

留学生たちの暮らしを助ける、大須の「何でも屋」だ。

人手不足の時に「ネパール人留学生」が助けてくれた…恩を返すために支援活動をスタート

以前は外食チェーンの社員として店長をしていた三田村さん。慢性的な人手不足で、悩んでいたその時に出会ったのが外国人留学生だった。

三田村さん:
人手不足を救ってくれたのが留学生。さらに絞って言うとネパールの留学生。それに対する恩返しでこの活動を始めた

「日本には外国人の力がもっと必要になる…」。そう確信した三田村さんは、2016年に会社を辞めて留学生の支援を始めた。

「銀行振り込みができない」「郵便物がよくわからない」。留学生から持ち込まれる相談は様々。三田村さんは、それに1つ1つ丁寧に対応していく。

同胞の不安につけ込む外国人も…先輩ネパール人から詐欺に遭った留学生

2019年から導入された「特定技能」制度。介護や外食業といった特定の職種の試験に合格すれば、その職種での就職が可能になる。この特定技能を目指し、日本での就職を望む多くの留学生が勉強に励んでいる。

この日は就職を夢見る1人の留学生が三田村さんを訪ねてきた。この留学生はある犯罪の被害にあっていた。

入国3年目、ネパール人留学生のスレスタ・スディップさん。
「仕事を紹介する」と持ち掛けてきたネパール人に、SNSを通じて総額15万円を騙し取られた。しかしすぐには三田村さんに相談できなかった。

三田村さん:
(犯罪に巻き込まれた)履歴が残ると、ビザはダメになるんじゃないかって。勘違いと言えば勘違いなんですが…

微妙な心理に付け込み、先輩ネパール人が同胞である後輩のネパール人に詐欺行為を働いたのだ。

スディッブさん:
就職するつもりで来たので。普段だったら信じなかったけど、全部だめになったからその時は…。その人を信じて15万払っちゃった…

外食業での特定技能資格を持ち、日本語試験で2番目に難しいレベルにも合格していたスディップさん。新型コロナの影響で就職が決まらず、焦りを感じていたところだった。

スディッブさんは帰国しようとしたが、コロナの影響で飛行機も飛ばず、ままならない状況が続いていた。

「できることは全て自分で」…ネパール人留学生の自立心も養う

この日の三田村さんは、留学生のアルバイト探しのお手伝い。留学生が電話をかけるのを見守る。

留学生(ビン):
こんにちは、モシモシ。私の名前はビンです。アルバイト、しますか?

アルバイト先の採用担当者:
アルバイトのご応募でよろしかったですか?

自分だけでなく、何とか仲間と合わせて6人分の面接へのエントリーができた。

採用担当者:
あなたの携帯の番号を教えてください

留学生(ビン):
チョットマッテネ!

三田村さん:
「少々お待ちください」だろ…

「できることは自分で」。「何でも屋」といっても、電話を代わったりはしない。

三田村さん:
楽に仕事を見つけてほしくはないので。苦労して手に入れた仕事だから、辞めたらダメなんだって思わないと

外国人の周りには助けてくれる人はほとんどいない。だからこそ自分の力で頑張ってほしいと三田村さんは話す。

「家族のようにお世話を」…デイサービス施設に内定し目を輝かせる留学生

三田村さんと詐欺被害にあったスディッブさん。この日、名古屋市天白区のデイサービス施設を訪れた。

スディッブさん:
日本で家族もいないし、ここで自分の家族のような…大事にしてお世話をします

デイサービス施設の社長:
わかりました、よろしくお願いします

スディッブさんは、勉強を続け介護でも特定技能試験に合格。この施設で正社員としての内定をもらった。

スディッブさん:
スレスタ・スディッブです。ネパールです。長野県(出身)ですか?私、行ったことあります。いい所です

利用者の皆さんに、流ちょうな日本語で挨拶する。

スディッブさん:
ネパールではお年寄りのお世話をするのは、神様のお世話をするのと同じだという考え方があるので

「就職できず不安だったけど、これから頑張ります」と目を輝かせるスディッブさんに、三田村さんは優しく微笑みかけた。

「ドアの外で今よりももっと近くで」…店の前に出した「たこ焼きの屋台」に立つ

三田村さんには、2021年1月から始めた新たな取り組みが…。店の前に大須の仲間と出した、下町らしいたこ焼きの屋台だ。

三田村さん:
ここに立ちたいんですよ。店の中にいるんじゃなくて。中にいたらドア1枚開けないといけないじゃないですか

ここにいれば、学校から帰る子たちにも「おかえり」と声をかけられる。今より、もっと近くで…。留学生たちの暮らしを助ける、大須の「何でも屋」だ。

(東海テレビ)