宅配業者の“不在通知”装うSMS 問い合わせると…

宅配業者の不在通知を装うメッセージ、あなたにも届いていないだろうか?
電話番号で相手にメッセージが送れるショートメッセージサービスを使った特殊詐欺の手口が、広島県内でも急増している。

番組スタッフのスマートフォンに、1年前からたびたび届いていたメッセージ。

スタッフ:
これです

フィールドキャスター 加藤雅也:
「ご本人様不在の為お荷物を持ち帰りました。ご確認ください。」メッセージのあとに、URLもついているんですね

この記事の画像(8枚)

電話番号を宛先にするSMS=ショートメッセージであわせて4回送られてきたのは、宅配業者が不在を知らせるために送ったかのような短い文章とURL。送り主はそれぞれ違う番号だ。

しかし、実際に問い合わせてみると…

SMSの送り主とみられる人物:
あ、もしもし

フィールドキャスター 加藤雅也:
「荷物を持ち帰りました」というショートメッセージが届いていたもので折り返したんですが

SMSの送り主とみられる人物:
あ、すみません、たぶん私じゃないです。なんか悪用されてて、すみません…

被害者から加害者に? スマホを乗っ取られ“拡散”させられる

「自分は送っていない」「悪用されている」と謝る、送り主とみられる人物。

確認すると、TSS報道部のスタッフ5人のスマートフォンにも届いていた、こうした“不審なメッセージ”。
いったい何なのか…

実は、広島県警も注意を促している、宅配業者の不在通知を装った詐欺の手口だったのだ。

取材を進めると、スタッフに届いたメッセージの送信元であり、先ほどとは別の県外に住む人物から、送信までの経緯について聞くことができた。

SMSの送り主とみられる人物:
それ私の方にも来ていたんですよ

フィールドキャスター 加藤雅也:
元々そちらにもショートメッセージの形で届いていた?

SMSの送り主とみられる人物:
そうですね。私もきた番号に電話をかけたら、その人もそういうことだったので…。ずっとつながっていた(同様の被害が)散らばっていっている感じだと思います

フィールドキャスター 加藤雅也:
いつ頃 SMSが来て、URLをクリックしたら(問い合わせの)電話がくるようになった?

SMSの送り主とみられる人物:
そうですね、今年初めとか。ずっとこういう電話がかかってきていたんですね

“たった1度のクリック”で、半年以上たってもなお、送信され続けているメッセージ。
乗っ取られたスマホから大量に送信され、また受け取った人がクリックすることで、そこからまた大量に送信…。
こうして次々と乗っ取られ、拡散しているとみられている。

また、アプリのインストールで被害に遭う事例も。
届いたURLにアクセスすると、ブラウザのアップデートを装うポップアップなどが表示され、アプリのインストール画面へと誘導されていく。
そしてこの“不正アプリ”をインストールしてしまうと、SMSで他人に不在通知を送信する端末になってしまうほか、個人情報を悪用される可能性もある。

突然跳ね上がった携帯電話の料金で、被害に気付いた人は…

被害者:
1回3円なんですね。約4000件発信されたようになっていたんですね

また、別の被害者は…

被害者:
弁護士を使って、「あなたを訴える」みたいなメールがきました。こちらも被害者なんですけど、加害者にもなってしまったということですよね

全国でも相次ぐショートメッセージを使った巧妙な犯罪。
被害に遭わないために細心の注意が必要。

被害に遭わないために…対策は「開かない」こと

身近という部分、そして被害に遭うだけではなく、気づかないうちに加害者になってしまう可能性があるというところが改めて恐ろしい手口。

宅配業者をかたるショートメッセージの、実際に届いている文面は次のようになっている。
「お荷物をお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。ご確認ください。」と、実際に宅配業者の方から送られてきたと思わせる、シンプルながら本当に巧妙な手口。

そして、その数も増えている。
まず2019年の1年間で県警に176件の相談が受理されているが、これが2020年に入って急増している。
10月までの時点で、2019年の件数を大きく超える271件の相談が受理されている。

では、私たちはどう対応していけばいいのか。

広島県警によると、まず大前提として「宅配業者からのSMSでの通知は絶対にない」という。
安易にURLを開かないことが一番の対策。
もし万が一、URLを開いてしまった場合は
(1)開いたページで情報を入力しない
(2)アプリをインストールしてしまった場合は、すぐにアンインストール
(3)個人情報が抜き取られている可能性があるので、警察やスマートフォンにひも付けているカード会社など関連各所に連絡してすぐに対策をとる

コロナ禍で宅配業者を利用する機会が急増した。
大変便利な時代だが、その分注意も必要である。

(テレビ新広島)