日本では絶滅していたとみられていた昆虫が再発見された。

2022年7月12日、水生昆虫「キイロネクイハムシ」を滋賀県の琵琶湖で見つけたと、京都大学大学院人間・環境学研究科の加藤眞教授と、同大学院理学研究科の曽田貞滋教授が発表したのだ。

なお今回の研究成果は、7月2日に日本昆虫学会の英文誌「Entomological Science」に掲載されている。

キイロネクイハムシは体長4ミリ程度で、クロモなどの沈水植物を餌とし、卵から成虫まで水中で過ごす。その生息には溶存酸素量が多く、透明度の高い水質が不可欠だという。日本では1960年代以降は採集されておらず、環境省のレッドリストでは絶滅種とされている。

キイロネクイハムシ(撮影:京都大学大学院・曽田貞滋教授)
キイロネクイハムシ(撮影:京都大学大学院・曽田貞滋教授)
この記事の画像(4枚)

こうした中、加藤教授が2021年10月にユスリカの幼虫の研究のために、研究室に持ち帰っていたクロモからキイロネクイハムシを発見。その後、2022年2月に同じ場所で採取したセンニンモ(水生植物)からも、越冬していたキイロネクイハムシ2匹を採集した。

キイロネクイハムシであることは、曽田貞滋教授の遺伝子解析で判明。琵琶湖では約60年ぶりの生息確認となるという。

加藤教授「多くの昆虫学者が憧れ、また狙ってもいました」

絶滅したはずのキイロネクイハムシが、琵琶湖で発見されたのは、なぜなのか? 今回の発見は、今後、どのようなことに活かされるのか?

なお、キイロネクイハムシを発見した加藤教授と遺伝子解析を行った曽田教授は京都大学の同級生で、1976年に京都大学に入学して以来の付き合い。しかも2人とも、今年度で定年を迎える。そのようなタイミングで共著として論文を発表できたことをどのように受け止めているのか?

まずは、キイロネクイハムシを発見した、京都大学大学院の加藤眞教授に話を聞いた。

――「キイロネクイハムシ」とはどのような昆虫?

ネクイハムシ類は、幼虫が水草の根を食べる昆虫で、湿地生態系の指標種です。スゲネクイハムシ、キンイロネクイハムシ、ガガブタネクイハムシなど、23種が日本に生息しています。

それらの中で、「キイロネクイハムシ」は沈水植物の豊富な湿地生態系に生息していたと考えられ、そのような環境が戦後、急速に失われていきました。キイロネクイハムシは1962年の福岡での記録の後、記録が途絶え、環境省のレッドデータブックにおいて絶滅種に選定されていました。


――どのような経緯で発見した?

琵琶湖の水草につくユスリカの調査のために、水草を採集し、ユスリカを羽化させようとしていたところ、キイロネクイハムシが羽化してきました。


――琵琶湖でキイロネクイハムシの生息が確認されたのは60年ぶり?

1962年の記録が最後なので、そういうことになります。


――キイロネクイハムシと思われる虫を琵琶湖で見つけたときの率直な感想は?

キイロネクイハムシは多くの昆虫学者が憧れ、また狙ってもいました。そのような昆虫がまさか現れるとは。

キイロネクイハムシの生息場所の様子(撮影:京都大学大学院・加藤眞教授)
キイロネクイハムシの生息場所の様子(撮影:京都大学大学院・加藤眞教授)

――多くの昆虫学者が憧れ、また狙ってもいた。これはなぜ?

新種記載以来、わずか10個体未満の個体しか採集されていない、ごく稀な昆虫として著名であったからです。
 

「奇跡的に生き残っていた」

――絶滅したはずのキイロネクイハムシが琵琶湖で発見された。理由としてはどのようなことが考えられる?

キイロネクイハムシは、平野部の湿地の沈水植物に依存した生活をしていましたが、沈水植物の豊富な湿地は日本列島から急速に失われてきました。

そのような中にあって、琵琶湖は、いまだに沈水植物群落が健全な沿岸域を持っています。そのような沈水植物群落の一画に奇跡的に生き残っていたのだと思います。

――今回の発見はどのように受け止めればよい?

日本列島の低湿地生態系が危機的であるという状況には変わりなく、琵琶湖が、低湿地生態系の生物多様性最後の砦になっています。

したがって、低湿地生態系の保護のために「湖岸の改変はしない」「汚染物質や汚濁を琵琶湖に流入させない」「外来生物の適切な駆除・管理を行う」などの取り組みが必要だと思います。

「親友との共著として出版できたことは素直にうれしい」

――遺伝子解析を曽田教授に協力してもらったのはなぜ?

曽田貞滋先生はネクイハムシ研究の第一人者であり、かつ昆虫の分子系統解析の第一人者でもあったからです。


――加藤教授にとって曽田教授はどのような存在?

京都大学農学部・昆虫学教室の同級生です。1976年に京都大学に入学して以来の付き合いです。


――論文は加藤教授と曽田教授の共著。これについてはどう受け止めている?

親友との共著として出版できたことは素直にうれしいです。

曽田教授「晴天の霹靂でした」

1976年に京都大学に入学して以来の付き合いだという加藤教授と曽田教授は、今年度で定年を迎える。このタイミングで共著として論文を発表できたことをどのように受け止めているのか?

キイロネクイハムシの遺伝子解析を行った、京都大学大学院理学研究科の曽田貞滋教授にも話を聞いた。

――加藤教授から「キイロネクイハムシ」と思われる昆虫の解析を頼まれたとき、どう思った?

晴天の霹靂でした。すぐに標本(形態)を見て、間違いないことを確認しましたが、分子系統の解析でどんな結果になるか、興味をそそられました。


――絶滅したはずの「キイロネクイハムシ」が琵琶湖で発見された。この理由について、どのように考えている?

これまでの数少ない採集記録のほとんどは、小規模な池などでのものですが、そのような生息場所では水質が悪化して、1960年代ごろまでで、すべて絶滅したと思われます。

1例だけ琵琶湖での記録がありましたが、この虫が小規模な池などばかりでなく広大な湖にも生息するとは考えられておらず、実質的に有効な探索が行われていなかったと考えます。このようにして、採集されなくなったので、絶滅とされましたが、実は琵琶湖にはずっといたということです。

キイロネクイハムシ(右)と生息場所(左)
キイロネクイハムシ(右)と生息場所(左)

――今回の発見は、今後の研究のどのようなことに活かされる?

今回の再発見で得られた経験は、今度、絶滅が危惧されている、希少な水生生物の分布調査に活かされると思われます。

「大発見の手伝いができたことはうれしい」

――曽田教授にとって、加藤教授はどのような存在?

1976年に京大農学部の同じ学科に入学し、大学院でも同じ研究室(昆虫生態学)でした。同じ研究分野にいても、指向性は違いますが、多少、競い合うところもあるような、気の置けない友人関係がずっと続いてきました。


――論文が共著であることをどのように受け止めている?

今回の発見は、加藤君でなければ、できなかったと思います。その大発見の報告の手伝いができたことはうれしいです。加藤君と私は今年度で定年を迎え、来年の3月末に退任するのですが、私達の現役最後の年に、たまたま、このような共著の論文が出せたことは、予期せぬことで本当にありがたいと思っています。

 

絶滅したはずの昆虫「キイロネクイハムシ」が琵琶湖で見つかったことは、約60年ぶりの大発見だ。発見した加藤教授、そして遺伝子解析を行った曽田教授。

同期でしかも今年度で定年を迎える2人が、定年前にこのような大発見の論文を共著で発表できたという事実には、さらなる驚きがあり心も温まった。定年後も、気の置けない友人関係が続くことだろう。